【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

心膜炎

心膜炎とは

心臓は筋肉で出来ていますが、その筋肉は表面に付着した臓側心膜と呼ばれる薄い膜で覆われています。その膜は大血管の起始部で折り返されて厚い壁側心膜となり、これら2枚の心膜が心臓を2重に包んでいます。この2枚の心膜の間(心膜腔)にはこの膜から作られる少量の液体(心膜液)があり、心臓が動く時の摩擦を軽減する潤滑油の働きをしています。心膜炎とはこの膜に炎症が起こる病気です。炎症により心膜腔に通常よりも多い心膜液が貯留することが特徴です。

心膜炎の原因と分類

急速に炎症反応を引き起こす場合は急性心膜炎といいます。慢性に経過(通常6ヶ月を超えて持続)する場合を慢性心膜炎といいます。急性心膜炎は、感染、外傷、自己免疫疾患、甲状腺機能低下症、薬物、尿毒症などが原因となって生じます。感染による場合が最も多く、その原因のほとんどがウイルスです。原因がわからない場合も多く、その場合は特発性心膜炎といいます。慢性心膜炎は急性心膜炎が完全に治癒せずに移行する他、結核、腫瘍、放射線治療後、心臓手術後に起こります。現在では結核性心膜炎はほとんどみられなくなりました。慢性炎症によって心膜の線維化、肥厚が起こり、固くなることがあります。これにより心臓の拡張が制限され、足のむくみや腹部の膨満感などが起こることを収縮性心膜炎といいます。

心膜炎の症状

炎症により発熱が起こりますが、心膜には神経が豊富なため、発熱の後に針で刺されたような胸の痛みを感じます。重苦しさを感じることもあり狭心症発作と間違われることもありますが、痛みは咳、呼吸、側臥位で増強し、仰向けよりも、坐位や前傾姿勢で楽になります。

検査と診断

発熱や深吸気時の胸痛などの症状から心膜炎を疑い、聴診で特徴的な心音の減弱と心膜摩擦音(心膜がこすれる音)があれば診断につながります。採血では炎症を反映して白血球増加、CRP上昇、赤沈亢進などがみられます。心電図検査も有用で特徴的な所見(ほぼ全ての誘導で上に凹のST上昇)が診断の役に立ちます。心エコー図検査では心膜液の貯留を認めることが多く、そのため心拍出量が大きく減少することもあります。

診断を確定するために心膜液の検査をすることがあります。針やカテーテルを胸壁や心窩部から穿刺し、心膜液の性状をみます。心膜液は通常黄色透明ですが、原因によっては赤血球、白血球などの血液成分やフィブリンを伴っている場合もあります。癌による心膜炎の場合は癌細胞が含まれている場合もあります。細胞診断の他、培養検査をして原因を特定します。また心臓にかかっている圧力を取り除くことで血行動態を改善するため、治療目的に穿刺して貯まった心膜液を抜く(ドレナージと言います)場合もあります。病因が全く不明な場合は外科的にドレナージし、心膜の一部を採取して顕微鏡で調べること(心膜生検)もあります。

心膜炎の治療と重篤な合併症(心タンポナーデ、心膜心筋炎)

治療は安静が基本です。心筋炎や心タンポナーデなどの重篤な合併症が生じる可能性があるため基本的には入院治療が必要です。ウイルスに対する根本的な治療はないため、胸痛や発熱に対しては鎮痛薬、抗炎症薬を用います。細菌性の場合は抗生剤を使用し、完全に心膜液(化膿性)をドレナージします。自己免疫疾患や腫瘍に起因する場合はその疾患の治療も必要です。心膜液が貯留しても少量であれば経過をみます。心膜液が心臓を圧迫して心臓の拡張を妨げると心臓に血液が戻ってこれなくなり、心臓が血液を送り出すポンプの働きが損なわれます。この状態を心タンポナーデといい、血圧は低くなり、意識消失や、場合によっては死亡することもあります。心膜はある程度伸展するためゆっくりと貯留した場合は1リットルを超えることもありますが、急激に貯留した場合は硬い膜が伸展する時間がなく、少量(150ml)でも心臓への圧迫が強くなり心タンポナーデになることがあります。心タンポナーデになると心膜液のドレナージが必要です(診断の項参照)。

一部の症例では心膜炎と心筋炎が合併することがあります。そのような場合を心膜心筋炎といいます。

収縮性心膜炎

心膜に著明な炎症が起こり、線維化、石灰化(カルシウムの沈着)、肥厚が目立ち固くなることで心臓の働きを制限する病態を収縮性心膜炎といいます。2層の心膜が互いに癒着します。心臓が十分に拡張できず、心臓から血液を送り出す量が極端に減ります。心臓の手前にうっ血が起こり、浮腫、腹水、肝腫大などがみられます。

心電図、胸部X線検査、心エコーの他、心臓カテーテル検査(心内圧測定)をして診断します。心膜肥厚の程度をみるためCTやMRIも有用です

ページの先頭へ

  • 脳ドッグ予約
  • 脳神経外科ビデオ指導
  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立脳血管研究センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立脳血管研究センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。【認定証区分】JC1946号 【審査体制区分】主機能:一般病院2 副機能:リハビリテーション病院 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定期間:2014年2月7日~2019年2月6日