【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアとは

 頚椎が老化し加齢性変化が生じると、頚椎の骨自体が変形することがあります。骨の変形が著明になると骨棘と呼ばれる骨軟骨性隆起が生じます。もともと脊柱管が狭窄(狭いこと)している場合などのその他の因子が関与し、この骨棘が脊髄神経を圧迫すると様々な症状(手足のしびれ、麻痺など)が出現します。

DH01.jpg

 

頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎(首の骨)と頚椎の間には骨のクッションの役割をしている椎間板があります。頚椎の老化や酷使、炎症、外傷などのため椎間板が傷み、脊髄や枝分かれしていく神経(神経根)を圧迫することがあります。もともと脊柱管が狭窄(狭いこと)している場合は、この圧迫症状が容易に出現します。このように椎間板が脱出し脊髄神経を圧迫する状態を頚椎椎間板ヘルニアといいます。 

頚椎椎間板ヘルニアの治療

  •  保存的治療

 ​軽いしびれなど症状が軽い場合は、安静、薬剤の投与、神経や硬膜外の痛み止めの注射(ブロック)、カラー装着、牽引等により治療します。

  • 手術による治療

 ​四肢の麻痺、上肢の痛みのため日常生活に障害がある場合、神経の麻痺症状が重篤な場合(重度の場合は排尿・排便困難を伴う)は手術をして、神経の圧迫を取り除き症状の軽快や進行予防をはかる必要があります。

頚椎椎間板ヘルニアの検査

X線、MRI、CT、脊髄造影検査などを行います。

CDH01.jpg
頚椎椎間板ヘルニアのMRI

 

当院での手術治療

症状や画像所見を様々な角度から検討して、手術方法を決めます。

手術方法としては、頚部の前から行う方法(頚椎前方除圧固定術)と頚部の後ろから行う方法(頚椎椎弓切除術、頚椎椎弓拡大形成術など)があります。

  • 前方除圧固定術
  • 頚椎椎弓拡大形成術

ページの先頭へ

  • 脳ドッグ予約
  • 脳神経外科ビデオ指導
  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立脳血管研究センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立脳血管研究センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。【認定証区分】JC1946号 【審査体制区分】主機能:一般病院2 副機能:リハビリテーション病院 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定期間:2014年2月7日~2019年2月6日