【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

徐脈性不整脈

徐脈性不整脈

通常の心臓は1分間に50~100回、1日では約10万回におよぶ頻度で自動的に拍動しています。心臓の拍動数や心筋の収縮する順序は心臓内を流れる電気刺激によって制御されています。この電気刺激は刺激伝導系と呼ばれる特殊な心筋組織を伝わって行きます。

刺激伝導系を詳しくみていくと、まず右心房にある「洞結節」とよばれる特殊な組織から1分間に50~100回の電気刺激規則的に作り出されます。この電気は最初に心臓の上の部屋「心房」に伝わります。次に心房と心室の繋ぎ目に位置する「房室結節」とよばれる部分に一旦電気が集まります。ここで少し時間が調節され、その後に心臓の下の部屋「心室」に電気が伝わっていきます。

徐脈性不整脈は正常よりも脈が遅くなる病気の総称です。障害されている刺激伝導系の部位などによって病気の名称が分かれています。その中で主に治療の対象となるのは洞不全症候群、房室ブロック、徐脈性心房細動と呼ばれる病気です。

症状として、一時的に心臓が停止し脳への血流が減ると眼前暗黒感や失神が起こります。また運動時の息切れや疲労感、心不全による呼吸困難感として現れる場合があります。

自覚症状に乏しい徐脈性不整脈は、自宅の血圧計や自己検脈で気が付かれる他、健康診断や病院で行った心電図で偶然見つかる場合もあります。

原因は加齢によるものが多く、そのほかに心筋梗塞、心筋症、心筋炎、先天性心疾患などがあります。また電解質異常や甲状腺疾、薬の副作用でも生じます。

image1.jpegのサムネイル画像

洞不全症候群とは

洞不全症候群とは、洞結節に異常が生じて電気刺激の出る回数が極端に減るか、電気刺激が長時間出なくなった状態をいいます。洞不全症候群は3つの型に分類されています。

  • Ⅰ型:洞結節の機能が低下し持続的に脈が遅くなった状態です
  • Ⅱ型:洞停止および洞房ブロックと呼ばれる状態です。洞結節から出る電気刺激が突然途絶えてしまうものです。
  • Ⅲ型:Ⅰ型・Ⅱ型に頻脈性不整脈を合併したものです. 頻脈性不整脈が停止した直後に洞結節からの電気刺激がなかなか再開せずに、心臓が止まる状態です。徐脈頻脈症候群とも呼ばれます。

房室ブロックとは

房室ブロックとは, 心房から心室へ電気刺激がうまく伝わらなくなった状態です。伝わりにくさの程度によりⅠ度~Ⅲ度に分類されます。

  • Ⅰ度:電気刺激の伝導に通常より時間はかかりますが,心房と心室の間で伝導は途切れない状態です。
  • Ⅱ度:心房と心室の間で時々電気刺激が途絶える状態です。さらに心電図によってウェンケバッハ型とモービッツⅡ型に分類されます。ウェンケバッハ型は、心房から心室への伝導が一拍ごとに徐々に悪くなっていった後に伝導が一瞬途絶えてしまいます。モービッツⅡ型は、心房から心室への電気刺激が突然途絶えてしまうもので、ウェンケバッハ型に比べて危険性が高い状態です。
  • Ⅲ度:心房と心室の間で完全に電気刺激が途絶えている状態です。完全房室ブロックとも呼ばれます。極めて危険性が高く、突然死することがあります。なお, 心房と心室の間で2回以上連続して電気刺激が伝わらない状態を高度房室ブロックと呼ぶことがあります。

徐脈性不整脈の診断

通常の心電図検査に加え、ホルター心電図検査(24時間心電図を記録できる携帯型の心電計)を行います。また、基礎心疾患の有無や運動前後での心拍数変化をみる目的で、心臓超音波検査や運動負荷心電図を行います。

稀にしか不整脈が起こらない場合は診断に難渋することがあります。原因不明の眼前暗黒感や失神があり徐脈性不整脈が疑われる場合は、ホルター心電図を含めて繰り返し心電図検査を行う他に、心臓電気性理学的検査(EPS)とよばれるカテーテル検査や植込み型心臓モニターと呼ばれる小さな心電計を体に植え込むことがあります。

徐脈性不整脈の治療

症状を伴う徐脈性不整脈, 無症状であってもモービッツⅡ型やⅢ度房室ブロックにはペースメーカー植込みが必要となります。

ペースメーカーとは自分の脈を補うための機械です。電池と電気回路の入ったジェネレータと呼ばれる本体と、電気刺激を心臓に伝えるためのリード線で構成されています。通常は左右どちらかの胸部の皮下に本体を植え込みます。

洞不全症候群で病気の程度が軽い場合には薬で経過をみることもあります。また徐脈頻脈症候群の場合は、頻拍発作をカテーテルアブレーションで治療することにより徐脈が起こりにくくなることもあります。

当センターでは、年間100例程度のペースメーカー治療を行っています。

image2.jpegのサムネイル画像のサムネイル画像

ページの先頭へ