【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

心筋炎

心筋炎とは

心臓は筋肉(心筋)によりつくられた臓器です。全身に血液を循環させるため休むこと無く収縮と拡張を繰り返しています。その心筋に何らかの原因により炎症が起こる病気を心筋炎といいます。炎症により心臓のポンプ機能が低下したり、危険な不整脈が起こったりして生命を脅かす状態になることもある怖い病気のひとつです。

心筋炎の原因と分類

原因の多くは感染性で、そのほとんどがウイルスによるものです。風邪や胃腸炎を起こすウイルスと同じウイルスにより起こります。感染性としては他に細菌、リケッチア、真菌、寄生虫などありますが、稀です。その他に薬剤による副作用、放射線治療による影響、自己免疫疾患によるものなどがありますが、原因がわからないこともありえます。発症様式や経過から急性、慢性、劇症型、拡張型心筋症類似型などに分類されます。

心筋炎の症状

全く症状がなく自然治癒することもありますが、寒気や発熱の他、頭痛、咽頭痛、筋肉痛、全身倦怠感など、いわゆる感冒様症状がみられます。食欲不振や下痢などの消化器症状もみられることがあります。このような症状が現れた数日後に胸痛、呼吸困難、動悸、失神などが起こります。熱や咳、喉の痛みは感冒として治療されることもありますが、それに加え胸痛や動悸などの胸部症状があれば心筋炎の可能性を考えて追加の検査が行われます。風邪症状であっても胸に痛みを感じたり、動悸、息切れ、めまいなどがあれば受診することをおすすめします。

心筋炎の診断と検査

心不全の症状(胸痛、息切れ、呼吸困難)や不整脈による症状(動悸、めまい)があれば心電図検査をすることで診断されます。心筋炎では、ほとんどの症例で心電図変化を認めます。心筋炎が疑われた場合、採血により心筋のダメージを示す心筋逸脱酵素の上昇がないか、心エコーで心筋の浮腫や動きが悪くなっていないかを検査します。冠動脈造影を施行し、虚血性心疾患を否定しなければならない場合もあります。心筋生検(目で見えるか見えないかの小さい心筋を取って顕微鏡で調べる検査)で確定診断をつけます。最近は心臓MRIで心筋の性状を見ることが補助診断として有用であると報告されています。

心筋炎の経過

急性心筋炎に罹患しても感冒様症状と心電図異常のみで改善する軽症なものから、不整脈を引き起こしたり、心筋の動きが低下し心不全を発症したりする場合もあります。1~3カ月で心機能が回復する場合もあれば、急速に心機能が低下して血圧が極度に低下(ショック)し、命にかかわる不整脈や重症心不全を引き起こすこともあります。心筋炎の中で急激に病状が悪化し、死に至ることが多い心筋炎を「劇症型心筋炎」と呼んでいます。短時間でみるみる悪くなるため集中治療が必要です。広範囲な心筋の炎症後に心機能が低下したまま拡張型心筋症様になり、その後も心不全を繰り返す場合もあります。

心筋炎の治療

原因に対する治療、炎症をおさえる治療、合併する心不全や不整脈の治療が必要となります。しかし原因として一番多いウイルス性心筋炎では、ウイルスに対する特効薬があるわけではなく、心不全や不整脈に対する治療が基本となります。安静にすることが大切であり、基本的には入院治療が必要です。

劇症型心筋炎の場合は内服や点滴による心不全治療や不整脈治療だけでは効果がなく、心肺補助循環を使用する場合があります。以前は救命できなかった劇症型心筋炎ですが、心肺補助循環装置を装着することで救命できる症例が出てきています。

ページの先頭へ

  • 脳ドッグ予約
  • 脳神経外科ビデオ指導
  • チームナーシング学会
  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立脳血管研究センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立脳血管研究センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。【認定証区分】JC1946号 【審査体制区分】主機能:一般病院2 副機能:リハビリテーション病院 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定期間:2014年2月7日~2019年2月6日