研究所


institute

研究活動における不正行為の防止について

秋田県立循環器・脳脊髄センターでは「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、研究活動の不正行為防止について必要な事項として、不正行為防止のための体制、相談や告発があったときの相談・通報窓口の設置、告発を受けた際の調査から公表等について明記し、健全な研究活動を推進し取り組んでまいります。

不正行為防止のための責任体制

責任体制を明確化し、不正行為防止に取り組んでまいります。

  1. 研究倫理の向上及び不正行為の防止等に関し、当センター全体を統括する権限と責任を有する者として統括管理責任者を置き、センター長を充てます。
  2. 統括管理責任者を補佐する者として副センター長を充てます。
  3. 研究倫理の遵守を周知し、監督する責任と権限を有する者として研究倫理教育責任者を置き、事務部長及び各研究部長を充てます。

研修会等

不正行為を未然に防ぎ、研究倫理の遵守を周知し、健全な研究活動を推進するために研究倫理教育研修を実施しております。

不正行為防止に係る環境整備

不正行為の疑い及びその防止に関するセンター内外からの相談及び告発等があった場合に対応するため、相談・通報窓口を設置します。

相談・通報窓口

研究活動における不正行為に関する相談及び告発等の受付窓口

秋田県立循環器・脳脊髄センター 事務部経営企画課窓口担当

  • 郵便番号:010-0874
  • 住所:秋田県秋田市千秋久保田町6-10
  • 電話:018-833-0115
  • メール:fusei@akita-hos.or.jp

ページトップへ戻る