【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

お知らせ

「秋田脳研サマースクール2018」開催のご案内

公開日:2018.07.30

秋田脳研サマースクール2018は終了しました。

「秋田脳研サマースクール2018」を開催いたします。 

秋田脳研では脳卒中のみならず神経内科疾患や脳外科疾患についても積極的に治療しています。このサマースクールは、最新の知識や治療技術を医学部学生や初期研修医と共有し、脳・神経疾患に対する知見を深めてもらうための場と考えています。

下記の日程で開催いたしますので脳・神経疾患に関心のある方は奮ってご参加下さい。 
 

開催概要

  • 開催日 : 2018年7月28日(土)、29日(日) 
  • 会 場 : 秋田県立脳血管研究センター(秋田市千秋久保田町6-10) 
  • 対 象 : 医学部学生・初期研修医、後期研修医(1年目想定)等 
  • 定 員 : 16名
  • 形 態 : 講義、実習、イブニングセミナー
  • 参加費 : ①医学部学生・初期研修医 6,000円 ②後期研修医 10,000円

 詳細は下記の資料をご覧下さい。

主な実習内容

脳卒中と神経所見のとり方
 脳卒中や救急の現場において神経学的所見のとり方を学びます。意識スコア、MMT、NIHSSなどが評価できるようになります。
脳卒中の画像診断
 脳卒中の様々な画像を実際に多く見ながら、典型的所見や判読のピットフォールについて学びます。Early CT signやASPECT、またいろいろな脳卒中の評価に必要な画像評価ができるようになります。
頸部エコー実習 ※医学生・初期研修医は選択
 頸動脈エコーのコツとポイントを学び、臨床の場で検査が自分でできたり、検査の読影を的確に行うのに役に立てます。
心電図読影とアブレーション実習 ※医学生・初期研修医は選択
 心原性脳塞栓症に関わる不整脈や、心筋虚血、あぶない心電図所見などについて学びます。さらにアブレーションの実際についてもハンズオンで学びます。
t-PAと初期対応実習
 
 t-PAの投与のための評価の仕方、実際の投与の仕方を実習形式で学びます。その後のdrip ship retrieveにつなげていくための知識やノウハウも身につけます。
カテーテルトレーニング ※後期研修医は選択
 脳卒中を治療する医師にとって血管内治療の技術は必須になってきています。血管撮影室(血管内手術室)で手術シュミレーターEVEを用い、実際のカテ操作の初歩を学びます。
マイクロ手術トレーニング ※後期研修医は選択
 脳神経外科医を目指す医師にはマイクロ手術のトレーニングも必要です。実際の手術用顕微鏡を用いてバイパス手術などの基本的トレーニングを受けて、マイクロ手術の世界にふれてみませんか。

お申し込み

 

参加お申し込みはこちらから>>> 終了しました

周辺宿泊施設のご紹介

 宿泊のご予約は各自でお願いいたします

ページの先頭へ

  • 脳ドッグ予約
  • 日本脳神経外科学会
  • 脳神経外科ビデオ指導
  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立脳血管研究センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立脳血管研究センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。【認定証区分】JC1946号 【審査体制区分】主機能:一般病院2 副機能:リハビリテーション病院 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定期間:2014年2月7日~2019年2月6日