【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

お知らせ

Neuroresuscitation Related Life Supportsワークショップ(NRLS-WS)開催のご案内

公開日:2016.06.21

 今回、NRLS-WSをトライアルコースとして開催することとなり、下記の要項で受講者を募集いたします。

 NRLSですが、第30回日本神経救急学会 学術集会のUp-to-Dateセッションで『JRC蘇生ガイドライン2015と脳神経蘇生研修−NRLS (Neuroresuscitation Related Life Supports)の概念』を奥寺敬先生(日本救急医学会・日本救急医学会・日本臨床救急医学会3学会合同ISLS委員会、日本脳神経外科救急学会 PNLS委員会)が発表されました。その内容は、「これまでに開発されたISLS、PSLS、ACEC、PCEC、PNLSの各モジュールの75%が同一の内容であり、これらを基礎的共通モジュールとし個別モジュールとを組み合わせ、体系化することで神経蘇生関連研修群(NRLS)として総括できる」ことで、「NRLSとして、ワークショップを共通化する基礎的共通モジュールの開発を一元化することでそれぞれのコース運営の負担を軽減することが可能」となり、「神経救急集中治療領域など脳神経蘇生ガイドラインを共通すべき領域への展開を容易にする」ことができるというものでした。

 さて、WS内容ですが、各コースを運営する立場として、皆様がこれまでにファシリテーションまたはインストラクションされましたISLS、PSLS、ACEC、PCEC、PNLS各コースの基礎的共通モジュール、各コースの個別モジュールを整理し、確認することで、NRLSの共通認識をしていただきます。基礎的共通モジュールと個別モジュールを組み合わせる具体的なコース運営などの展開を考えていきます。

秋田県立脳血管研究センター

佐々木 正弘

秋田県立病院機構

鈴木 明文

富山大学 救急・災害医学講座

奥寺 敬

対象

ISLS、PSLS、ACEC、PCEC、PNLSのコースコーディネーター、ファシリテーター、インストラクター、これからコース運営をされる予定のある方や補佐される方

日時

2016年8月6日(土) 13時~17時(12時30分受付開始)

会場

秋田県立脳血管研究センター 2階講堂など

受講料

10,000 円(年内発刊予定「神経蘇生研修指導テキスト(仮題)」郵送予定を含みます)

定員

40名

主催

秋田県立脳血管研究センター

準備する図書

ISLS、PSLS、ACEC、PCEC、PNLSの各コースガイドブックのいずれか2冊以上

申込

申込は下記申込みフォームからお願いします。

≫≫≫申込みフォーム

お問い合わせ先

秋田県立脳血管研究センター 事務部 秋田脳研ISLS/PSLS担当まで

電話 018-833-0115(代表)内線2260

E-mail  isls.psls-akita@akita-noken.jp

 

ページの先頭へ

  • 脳ドッグ予約
  • 動脈瘤ビデオクリニックのご案内
  • チームナーシング学会
  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立脳血管研究センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立脳血管研究センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。【認定証区分】JC1946号 【審査体制区分】主機能:一般病院2 副機能:リハビリテーション病院 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定期間:2014年2月7日~2019年2月6日