【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立循環器・脳脊髄センター

イメージ画像

脳神経病理学研究部

学会発表・論文発表

もくじ

著書

  1. 宮田 元:脳卒中の病理.田川皓一,橋本洋一郎,稲富雄一郎 編,「マスター脳卒中学 最前線医療の現場からリハビリテーションまで」西村書店,東京,pp 151−165, 2019

  2. 宮田 元:てんかんの病理:最新知見.鈴木則宏,荒木信夫,宇川義一,桑原 聡,塩川芳昭 編,「Annual Review 神経 2018」中外医学社,東京,pp 25-33,2018

  3. 阿部竜也,宮田 元:Hypothalamic neuronal hamartoma 視床下部神経細胞過誤腫.若林俊彦,渋井壮一郎,廣瀬隆則,小森隆司 編,「脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版」医学書院,東京,p193, 2017

  4. 宮田 元:てんかんの外科病理診断と病理学的研究.鶴 紀子,池田昭夫,田中達也 編,「てんかんフロンティアー未来へのNew Trend」新興医学出版社,東京,pp 94-100, 2017

  5. 宮田 元:てんかんの病理学「周産期脳障害,頭部外傷,脳血管障害」.兼本浩祐,丸 栄一,小国弘量,池田昭夫,川合謙介 編,「臨床てんかん学」医学書院,東京,pp 39-43, 2015
     
  6. 宮田 元:脳アミロイド血管症.「病理と臨床」常任編集委員会 深山正久,猪狩 亨,大橋健一,金井弥栄,羽賀博典 編,病理と臨床 33 臨時増刊号,「病理診断 クイックリファレンス」文光堂,東京,p.339,2015
     
  7. 宮田 元:パーキンソン病(Lewy小体).「病理と臨床」常任編集委員会 深山正久,猪狩 亨,大橋健一,金井弥栄,羽賀博典 編,病理と臨床 33 臨時増刊号,「病理診断 クイックリファレンス」文光堂,東京,p.340,2015
     
  8. 宮田 元:脳梗塞.「病理と臨床」常任編集委員会 深山正久,猪狩 亨,大橋健一,金井弥栄,羽賀博典 編,病理と臨床 33 臨時増刊号,「病理診断 クイックリファレンス」文光堂,東京,p.343,2015
     
  9. 後藤 昇,柳下 章,大浜栄作,宮田 元:臨床のための神経形態学入門.三輪書店,東京,2008
     
  10. Vinters HV, Salamon N, Miyata H, Khanlou N, Mathern GW:Neuropathology of developmental disorders associated with epilepsy, Engel J Jr., Pedly TA (eds.) Epilepsy: a comprehensive textbook, 2nd edn Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, Chapter 14: pp137-160, 2008
     
  11. Vinters HV, Miyata H:Neuropathologic features of tuberous sclerosis.McLendon RE, Rosenblum MK, Bigner DD (eds.), Russell & Rubinstein’s Pathology of Tumors of the Nervous System, 7th edn Edward Arnold, London, pp955-969, 2006
     
  12. Vinters HV, Miyata H:Tuberous sclerosis.Golden JA, Harding BN (eds.), Pathology & Genetics. Developmental Neuropathology ISN Neuropath Press, Basel, pp79-87, 2004
     
  13. Miyata H, Vinters HV:Pathology of childhood epilepsies.Wallace SJ, Farrell K (eds.), Epilepsy in Children, 2nd edn Edward Arnold, London, pp81-94, 2004
     
  14. 木下俊文,小川敏英,宮田 元,大浜栄作:白質の非特異的異常高信号.高橋昭喜 編著,「脳血管障害の画像診断」中外医学社,東京,pp165-169, 2003
     
  15. Mihara E, Miyata H, Nagata M, Ishikura R, Ohama E, Tamai A:Lens epithelial cell damage and apoptosis in atopic cataract.Ophthalmology Toward the 21st Century - Proceedings of the Conjoint Congress of the 4th Japan-Sino.Joint Meeting of Ophthalmology and the 10th Japan-Korea Joint Meeting of Ophthalmology Elsevier Science B.V., Amsterdam, pp214-217, 2000
     
  16. 大浜栄作,宮田 元,堀川 楊,森田 俊:Binswanger 病と特発性正常圧水頭症の神経病理学的比較検討.厚生省特定疾患難治性水頭症調査研究班(班長 森 惟明)編,「特発性正常圧水頭症の病態と治療指針」にゅーろん社,東京,p.4, 1998.

総説

  1. 宮田 元:脳卒中における血管壁の病理.画像診断 39(10):1108-1121,2019

  2. Blümcke I, Coras R, Wefers AK, Capper D, Aronica E, Becker A, Honavar M, Stone TJ, Jacques TS, Miyata H, Mühlebner A, Pimentel J, Söylemezoğlu F, Thom M. Challenges in the histopathological classification of ganglioglioma and DNT: microscopic agreement studies and a preliminary genotype‐phenotype analysis. Neuropathology and Applied Neurobiology (2019), 45, 95-107. doi: 10.1111/nan.12522

  3. 宮田 元:成人てんかんの外科病理.BRAIN and NERVE 69(10):1091-1104,2017

  4. Blümcke I, Aronica E, Becker A,Capper D,Coras R,Honavar M,Jacques T,Kobow K,Miyata H, Mühlebner A, Pimentel J, Söylemezoğlu F,Thom M:Low-grade epilepsy-associated neuroepithelial tumours — the 2016 WHO classification,Nature Reviews Neurology 12:732-740,2016  doi: 10.1038/nrneurol.2016.173

  5. Blümcke I, Aronica E, Miyata H, Sarnat HB, Thom M, Roessler K, Rydenhag B, Jehi L, Krsek P, Wiebe S, Spreafico R:International recommendation for a comprehensive neuropathologic workup of epilepsy surgery brain tissue: A consensus Task Force report from the ILAE Commission on Diagnostic Methods. Epilepsia  57(3):348-358, 2016  doi: 10.1111/epi.13319. 

  6. 宮田 元:脳血管障害の病理を知る−脳卒中の基本病態から血管病理そして神経病理へ−.画像診断 36(2):110-125,2016

  7. 宮田 元:てんかん外科病理診断−up-to-date−:海馬硬化症と皮質異形成のILAE組織分類.病理と臨床 33(4):388-394,2015
     
  8. Miyata H, Hori T, Vinters HV: Surgical pathology of epilepsy-associated non-neoplastic cerebral lesions: A brief introduction with special reference to hippocampal sclerosis and focal cortical dysplasia. Neuropathology 33(4):442-458, 2013 doi: 10.1111/neup.12028.
     
  9. 栗山長門,宮田 元,加藤丈夫:特発性正常圧水頭症の疫学,病理.老年精神医学雑誌 23:800-806, 2012
     
  10. Blümcke I, Coras R, Miyata H, Ozkara C: Defining clinico-neuropathological subtypes of mesial temporal lobe epilepsy with hippocampal sclerosis. Brain Pathol 22(3):402-411, 2012 doi: 10.1111/j.1750-3639.2012.00583.x.
     
  11. 宮田 元:てんかん原性大脳皮質形成異常の外科病理と病理学的研究手法.秋田県医師会雑誌 61(2):22-33, 2011
     
  12. 宮田 元:脳梗塞の病理.画像診断 29(10):1102-1113, 2009
     
  13. Cepeda C, André VM, Levine MS, Salamon N, Miyata H, Vinters HV, Matern GW:Epileptogenesis in pediatric cortical dysplasia: the dysmature cerebral developmental hypothesis.Epilepsy Behav 9(2):219-235, 2006
     
  14. 宮田 元,森尾泰夫,大浜栄作:ATLAS 脊髄腫瘍 Meningioma.脊椎脊髄ジャーナル 18:1023-1028, 2005
     
  15. Goldstine J, Seligson DB, Beizai P, Miyata H, Vinters HV:Tissue microarrays in the study of non-neoplastic disease of the nervous system.J Neuropathol Exp Neurol 61(8):653-662, 2002
     
  16. Crino PB, Miyata H, Vinters HV:Neurodevelopmental disorders as a cause of seizures: Neuropathologic, genetic, and mechanistic considerations.Brain Pathol 12(2):212-233, 2002
     
  17. 大浜栄作,田中信一郎,宮田 元,木村成志,川島麻里子:海綿状脳症の病理.Clin Neurosci 19:882-886, 2001
     
  18. 宮田 元,船越泰作,大浜栄作:脳破壊性裂脳症.別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.28(神経症候群III): 691-693, 2000
     
  19. 宮田 元,船越泰作,大浜栄作:脳破壊性無終脳症.別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.28(神経症候群III): 681-684, 2000
     
  20. 宮田 元,大浜栄作:アストロサイト(病態)(グリア細胞とその病態).細胞 32:14-19, 2000
     
  21. 大浜栄作,宮田 元:脊髄腫瘍の病理.日獨医報 44(特集:脊髄腫瘍のすべて -診断と治療-): 479-486, 1999
     

原著

和文

  1. 宮田 元,杉江 藍,河村純子,堀 智勝:ヒト側頭葉てんかんにおけるオリゴデンドロサイトの病態に関する神経病理学的研究.てんかん治療研究振興財団研究年報 27:101-110,2016

  2. 引地堅太郎,石川達哉,宮田 元,師井淳太,河合秀哉,竹中俊介,吉岡正太郎,宇田賢司,岡田 健,小林慎弥,齋藤浩史,田邉 淳、古谷伸春,安井信之,鈴木明文:頚動脈プラーク性状と臨床症状に対して加齢が及ぼす影響.脳神経外科 42(9):829-835, 2014
     
  3. 宮田 元,大浜栄作:特発性正常圧水頭症(iNPH)の神経病理.老年期認知症研究会誌 20(1):6-9, 2013
     
  4. 宮田 元,金子妙子,Vinters HV,近藤慎二,堀 智勝:内側側頭葉てんかん患者における扁桃核病変の病理学的意義:組織学的および免疫組織化学的研究.てんかん治療研究振興財団研究年報 23:37-46, 2012
     
  5. 石川達哉,宮田 元,師井淳太,引地堅太郎,吉岡正太郎,小林慎弥,鈴木明文:破裂脳動脈瘤における止血形態の病理学的検討ー止血血栓はどこにどのように形成されるかー.脳卒中の外科 40:223-228, 2012
     
  6. 玉川紀之,石川達哉,師井淳太,吉岡正太郎,武藤達士,引地堅太郎,鈴木明文,安井信之,宮田 元:内径動脈狭窄症に対する血栓内膜剥離術時の virtual histology IVUS 解析とプラークの組織学的検討 ー血管形成術の危険度の検討ー.脳卒中の外科 39:323-328, 2011
     
  7. 佐々木恭子,大谷真紀,大島 徹,宮田 元,美作宗太郎:超音波診断装置を用いた脳病変の検索.法医学の実際と研究 54:53-58, 2011
     
  8. 大浜栄作,宮田 元:レヴィ小体とパーキンソン病,認知症を伴うパーキンソン病およびレヴィ小体型認知症の病理.BRAIN MEDICAL 22(2):69-76, 2010

     
  9. 石 龍徳,宮田 元,前原通代,難波隆志,堀 智勝:てんかん患者の海馬におけるニューロン新生の解析.てんかん治療研究振興財団研究年報 20:57-62, 2009

欧文

  1. Ikeda-Matsuo Y, Miyata H, Mizoguchi T, Ohama E, Naito Y, Uematsu S, Akira S, Sasaki Y, Tanabe M. Microsomal prostaglandin E synthase-1 is a critical factor in dopaminergic neurodegeneration in Parkinson's disease. Neurobiology of Disease 124:81-92,2019  doi: 10.1016/j.nbd.2018.11.004 


     
  2. Sakurai M,Suzuki H,Tomita N,Sunden Y,Shimada A,Miyata H,Morita T:Enhanced neurogenesis and possible synaptic reorganization in the piriform cortex of adult rat following kainic acid-induced status epilepticus.Neuropathology 38:135-143,2018  doi:10.1111/neup.12445
     
  3. Nakase T, Ishikawa T, Miyata H:Protective effects of connexins in atheromatous plaques in patients of carotid artery stenosis. Neuropathology 37(2):97-104,2017  doi: 10.1111/neup.12345

  4. Sakurai M, Kurokawa H, Shimada A, Nakamura K, Miyata H,  Morita T:Excitatory amino acid transporter 2 downregulation correlates with thalamic neuronal death following kainic acid-induced status epilepticus in rat. Neuropathology 35(1):1-9 2015 doi: 10.1111/neup.12141
     
  5. Miyata H, Miyata M, Ohama E:Pyramidal tract abnormalities in the human fetus and infant with trisomy 18 syndrome. Neuropathology 34(3):219-226, 2014 doi: 10.1111/neup.12081. Epub 2013 Dec 9.
     
  6. Blümcke I, Thom M, Aronica E, Armstrong DD, Bartolomei F, Bernasconi A, Bernasconi N, Bien CG, Cendes F, Coras R, Cross JH, Jacques TS, Kahane P, Mathern GW, Miyata H, Moshé SL, Oz B, Ozkara C, Perucca E, Sisodiya S, Wiebe S, Spreafico R:International consensus classification of hippocampal sclerosis in temporal lobe epilepsy: A Task Force report from the ILAE Commission on Diagnostic Methods. Epilepsia 54(7):1315-1329, 2013 doi: 10.1111/epi.12220
     
  7. Coras R,  de Boer OJ, Armstrong D, Becker A, Jacques TS, Miyata H, Thom M, Vinters HV, Spreafico R, Oz B, Marucci G, Pimentel J, Mühlebner A, Zamecnik J, Buccoliero AM, Rogerio F, Streichenberger N, Arai N, Bugiani M, Vogelgesang S, Macaulay R, Salon C, Hans V, Polivka M, Giangaspero F, Fauziah D, Kim JH, Liu L, Dandan W, Gao J, Lindeboom B, Blümcke I, Aronica E : Good interobserver and intraobserver agreement in the evaluation of the new ILAE classification of focal cortical dysplasias. Epilepsia 53(8):1341-1348 2012 doi: 10.1111/j.1528-1167.2012.03508.x.
     
  8. Miyata HRyufuku M, Kubota Y, Ochiai T, Niimura K, Hori T:Adult-onset angiocentric glioma of epithelioid cell-predominant type of the mesial temporal lobe suggestive of a rare but distinct clinicopathological subset within a spectrum of angiocentric cortical ependymal tumors. Neuropathology 32(5):479-491, 2012 doi:10.1111/j.1440-1789.201101278.x
     
  9. Ueda M, Sugiura C, Ohno K, Kakita A, Hori A, Ohama E, Vinters HV, Miyata H:Immunohistochemical expression of fibroblast growth factor-2 in developing human cerebrum and epilepsy-associated malformations of cortical development. Neuropathology 31(6):589-598, 2011 doi: 10.1111/j.1440-1789.2011.01205.x. 
     
  10. Kobayashi A, Mizukoshi K, Iwasaki Y, Miyata H, Yoshida Y, Kitamoto T:Co-Occurrence of Types 1 and 2 PrP(res) in Sporadic Creutzfeldt-Jakob Disease MM1.Am J Pathol 178(3):1309-1315, 2011 doi: 10.1016/j.ajpath.2010.11.069.
     
  11. Lerner JT, Salamon N, Hauptman JS, Velasco TR, Hemb M, Wu JY, Sankar R, Donald Shields W, Engel J Jr, Fried I, Cepeda C, Andre VM, Levine MS, Miyata H, Yong WH, Vinters HV, Mathern GW:Assessment and surgical outcomes for mild type I and severe type II cortical dysplasia: a critical review and the UCLA experience.Epilepsia 50(6):1310-1335, 2009 doi: 10.1111/j.1528-1167.2008.01998.x.
     
  12. Salamon N, Kung J, Shaw SJ, Koo J, Koh S, Wu JY, Lerner JT, Sankar R, Shields WD, Engel J Jr, Fried I, Miyata H, Yong WH, Vinters HV, Mathern GW:FDG-PET/MRI coregistration improves detection of cortical dysplasia in patients with epilepsy.Neurology 71(20):1594-1601, 2008 doi: 10.1212/01.wnl.0000334752.41807.2f.
     
  13. Matsusue E, Fujii S, Kanasaki Y, Sugihara S, Miyata H, Ohama E, Ogawa T:Putaminal lesion in multiple system atrophy: postmortem MR-pathological correlations.Neuroradiology 50(7):559-567, 2008 doi: 10.1007/s00234-008-0381-y.
     
  14. Luan Z, Saito Y, Miyata H, Ohama E, Ninomiya H, Ohno K:Brainstem neuropathology in a mouse model of Niemann-Pick disease type C.J Neurol Sci 268(1-2):108-116, 2008 doi: 10.1016/j.jns.2007.11.018.
     
  15. Sugiura C, Miyata H, Ueda M, Ohama E, Vinters HV, Ohno K:Immunohistochemical expression of fibroblast growth factor (FGF)-2 in epilepsy-associated malformations of cortical development (MCDs).Neuropathology 28(4):372-381, 2008 doi: 10.1111/j.1440-1789.2007.00881.x.
     
  16. Hori T, Yamane F, Ochiai T, Kondo S, Shimizu S, Ishii K, Miyata H:Selective subtemporal amygdalohippocampectomy for refractory temporal lobe epilepsy: operative and neuropsychological outcomes.J Neurosurg 106(1):134-141, 2007

症例報告

和文

  1. 大島 徹,宮田 元,大谷真紀,美作宗太郎:塞栓子の動態が解剖所見から推測できた出血性脳梗塞の一例.法医学の実際と研究 61: 133-138, 2018

  2. 引地堅太郎,石川達哉,師井淳太,宮田 元:奇形性血管から発生したと思われる破裂前下小脳動脈末梢部動脈瘤の1例.脳神経外科 42(1):41-46, 2014

  3. 齋藤浩史,石川達哉,宮田 元,師井淳太,武藤達士,鈴木明文:Trappingで治療したsupreme anterior communicating arteryに発生した破裂紡錘状脳動脈瘤の1手術例.脳神経外科 40(12):1101-1105, 2012

  4. 山下真吾,石川達哉,宮田 元,師井淳太,鈴木明文,安井信之:特徴的な病理像を呈した破裂紡錘状末梢性後下小脳動脈瘤 -2手術例の報告- .脳卒中の外科 39:58-62, 2011

欧文

  1. Hara K, Miyata H, Motegi T, Shibano K, Ishiguro H:Thyrotoxicosis Presenting as Unilateral Drop Foot.Internal Medicine 56: 2053-2056, 2017 doi:10.2169/internalmedicine.56.8374.
     
  2. Hara K, Miyata H, Enomoto K, Nishimaki K, Ishiguro H:Long-term survival of a patient with carcinomatous meningitis caused by non-small cell lung cancer:The advantage of absence of primary tumor recurrence. Neurology and Clinical Neuroscience 3: 226–228, 2015  doi: 10.1111/ncn3.12009.
     
  3. Yoshida Y, Nunomura J, Shimohata T, Nanjo H, Miyata H: Benign hereditary chorea 2: Pathological findings in an autopsy case. Neuropathology 32(5): 557-565, 2012 doi:10.1111/j.1440-1789.2011.01288.x
     
  4. Nagata T, Kinoshita T, Kinoshita F, Moroi J, Miyata H:Craniopharyngioma with high FDG uptake. Clin Nucl Med 37(1):77-79, 2012 doi: 10.1097/RLU.0b013e31821a2ac3.
     
  5. Mutoh T, Kobayashi S, Ishikawa T, Moroi J, Miyata H, Suzuki A, Yasui N:Pathologically confirmed cryptic vascular malformation as a cause of convexity subarachnoid hemorrhage: case report. Neurosurgery 70(5):E1322-1328, 2012 doi: 10.1227/NEU.0b013e31822e0f87.
     
  6. Ando T, Mitani N, Yamashita K, Takahashi T, Ohama E, Miyata H, Yujiri T, Tanizawa Y:Cytomegalovirus ventriculoencephalitis in a reduced- intensity conditioning cord blood transplant recipient.Transpl Infect Dis 12(5):441-445, 2010 doi: 10.1111/j.1399-3062.2010.00503.x.

研究報告書

  1. 宮田 元龍福雅恵,大浜栄作,中島 円,宮嶋雅一,新井 一,福村由紀,齋藤 剛:特発性正常圧水頭症の神経病理所見と Longstanding Overt Ventriculomegaly in Adults(LOVA)型水頭症との比較検討.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性正常圧水頭症の病因・病態と診断・治療に関する研究(H23-難治-一般-018)平成23年度〜25年度 総合研究報告書
     
  2. 宮田 元龍福雅恵,大浜栄作;特発性正常圧水頭症の神経病理所見とビンスワンガー病との比較検討.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性正常圧水頭症の病因・病態と診断・治療に関する研究(H23-難治-一般-018)平成25年度 総括・分担研究報告書
     
  3. 宮田 元龍福雅恵,大浜栄作,中島 円,宮嶋雅一,新井 一,福村由紀,齋藤 剛:Longstanding overt ventriculomegaly in adults (LOVA) 型水頭症の神経病理所見.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)特発性正常圧水頭症の病因・病態と診断・治療に関する研究(H23-難治-一般-018)平成24年度 総括・分担研究報告書 pp44-46, 2013
     
  4. 宮田 元龍福雅恵,中島 円,宮嶋雅一,新井 一,福村由紀,齋藤 剛:特発性正常圧水頭症(definite iNPH)の一剖検例.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)特発性正常圧水頭症の病因・病態と診断・治療に関する研究(H23-難治-一般-018)平成23年度 総括・分担研究報告書 pp21-22, 2012
     
  5. 大浜栄作,宮田 元,中島 円,宮嶋雅一,新井 一,高瀬 優,八尾隆史:特発性正常圧水頭症の神経病理学的所見とアクアポリンおよびleucine-rich α-2-glycoproteinの発現に関する免疫組織化学的検討.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究(H20-難治-一般-017)平成20年度〜22年度 総合研究報告書 pp77-79, 2011
     
  6. 宮田 元,宮嶋雅一,新井 一:iNPH剖検脳におけるleucine-rich α-2-glycoproteinの発現に関する免疫組織化学的検討.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究(H20-難治-一般-017)平成22年度 総括・分担研究報告書 pp57-58, 2011
     
  7. 宮田 元,大浜栄作,宮嶋雅一,新井 一,高瀬 優,八尾隆史:特発性正常圧水頭症における白質病変の分布,アクアポリンの発現および脳実質内毛細血管の電子顕微鏡的検討.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究(H20-難治-一般-017)平成21年度 総括・分担研究報告書 pp55-57, 2010
     
  8. 大浜栄作,宮田 元,宮嶋雅一,中島 円,新井 一,高瀬 優,八尾隆史:Probable iNPHの一剖検例.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究(H20-難治-一般-017)平成20年度 総括・分担研究報告書 pp51-52, 2009
     
  9. 大浜栄作,宮田 元,岡田隆晴,伊藤雄二,安原正博:特発性正常圧水頭症におけるアクアポリン4の消失.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症と関連疾患の病因・病態と治療に関する研究(H17-難治-一般-017)平成19年度 総括・分担研究報告書 pp31-32, 2008
     
  10. 大浜栄作,岡田隆晴,金子美紀子,伊藤雄二,岡田 夢,安原正博,宮田 元:特発性正常圧水頭症の病理所見.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症と関連疾患の病因・病態と治療に関する研究(H17-難治-一般-017)平成18年度 総括・分担研究報告書 pp47-48, 2007
     
  11. 大浜栄作,宮田 元,堀川 楊,小林啓志:ビンスワンガー病剖検脳の肉眼的検討.厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)正常圧水頭症と関連疾患の病因・病態と治療に関する研究(H17-難治-017)平成17年度 総括・分担研究報告書 pp57-58, 2006

その他論文等

和文

  1. 中村和浩,河村純子,近藤 靖,宮田 元,木下俊文:MRI位相画像展開方法によるラット過渡的脳虚血領域評価の変化.信学技報 IEICE Technical Report MBE2015-59(2015-11)

  2. 宮田 元:てんかん原性大脳皮質形成異常の病理学的病態解明:結節性硬化症皮質結節とFCD type IIbの免疫組織化学的比較検討.てんかん治療研究振興財団 研究年報2015;26:15-22
     
  3. 中村和浩,河村純子,近藤 靖,宮田 元,木下俊文:過渡的中大脳動脈閉そくモデルラットにおける再灌流後3日にわたる MRI 画像所見の推移.信学技報 IEICE Technical Report MBE2013-108(2014-01)
     
  4. 堀 智勝,宮田 元:海馬の障害と左右差.Clinical Neuroscience 29(6):702-705, 2011
     
  5. 木下俊文,宮田 元:微小出血.画像診断 29(12):1362-1363, 2009
     
  6. 木下俊文,永田倫之,宮田 元:Kernohan圧痕.画像診断 29(11):1230-1231, 2009
     
  7. 篠原祐樹,木下敏文,木下富美子,宮田 元:延髄下オリーブ核仮性肥大.画像診断 29(8):826-827, 2009

欧文

  1. Nakamura K, Kawamura J, Kondoh Y, Miyata H, Kinoshita T:Asymmetric magnetization transfer effects for perfusion imaging in transient ischemic brain tissue in rats. Proc. Intl. Soc. Mag. Reson. Med. 22(2014):1866, 2014

学会発表

国内(招待講演)

  1. 宮田 元:てんかん外科病理の役割と課題.てんかん病理研究会(2019年9月18日,さいたま市)

  2. 飯島圭哉,後藤雄一佐藤典子齊藤祐子澁谷 誠宮田 元鈴木博義種井善一岩崎真樹:てんかんを主症状とする低悪性度神経上皮腫瘍の病理と分子遺伝子学的特徴.シンポジウム4「Low grade glioma ––分子診断に基づいた治療戦略––」,第24回日本脳腫瘍の外科学会(2019年9月13日,14日,浜松市)

  3. 宮田 元:難治性てんかんの病理:成人期の病態.第52回日本てんかん学会学術集会(2018年10月25日,26日,27日,横浜市)

  4. 宮田 元:低悪性度てんかん原性神経上皮腫瘍の病理診断.秋田のてんかん診療を考える会2018(2018年9月4日,秋田市)

  5. 宮田 元:てんかん原性脳病変の病理診断.第12回日本てんかん学会 東北地方会(2018年7月21日,秋田市)

  6. 宮田 元:LEATの病理を知る.大村てんかんセミナー(2018年4月27日,長崎県大村市)

  7. 宮田 元:低悪性度てんかん原性神経上皮腫瘍の病理 最近の動向と課題.倉吉神経てんかんセミナー(2018年3月9日,倉吉市)

  8. 宮田 元:代表的な動脈病変と脳梗塞の発生機序.第37回日本画像医学会(2018年2月23日,24日,東京都)

  9. 宮田 元:てんかんの外科病理:トップ3.第47回大阪てんかん研究会(2018年1月20日,大阪市)

  10. 宮田 元:大脳皮質形成異常の病理と用語の定義.てんかんの病態と治療を考える会(2017年12月7日,大阪市)

  11. 宮田 元:てんかん原性脳病変の外科病理と最近の動向.第2回てんかんフォーラム IN 鳥取(2017年11月1日,鳥取市)

  12. 宮田 元:てんかんの外科病理.分入青山会(2017年9月23日,山口市)

  13. 宮田 元:小児の神経病理を基礎から〜FCDのILAE分類〜.第2回若いドクターのための小児神経学セミナー(2017年9月15日,大阪市)

  14. 宮田 元:神経細胞および混合性神経細胞膠細胞腫瘍の病理.第35回日本脳腫瘍病理学会教育セミナー(2017年5月19日,宇都宮市)

  15. 宮田 元:脳血管障害の外科病理.2017年度病理診断講習会 第106回日本病理学会総会(2017年4月27日,28日,29日,東京都)

  16. 宮田 元:てんかん原性脳病変の外科病理.愛知医科大学 加齢医科学研究所セミナー(2017年3月16日,長久手市)

  17. 宮田 元:ラクナ梗塞と分枝粥腫型梗塞を極める:解剖と病理.第36回日本画像医学会(2017年2月25日,26日,東京都)

  18. 宮田 元:てんかん原性脳病変の病理.第37回長崎てんかん研究会(2016年11月24日,長崎市)

  19. 宮田 元:てんかんの外科病理.第7回日本神経病理学会中国・四国地方会(2016年11月6日,徳島市)

  20. 宮田 元:脳血管障害の病理.第2回徳島神経病学学術講演会(2016年11月5日,徳島市)

  21. 宮田 元:脳血管障害の病理.第12回神経病理コアカリキュラム教育セミナー 第57回日本神経病理学会総会学術研究会(2016年6月1日,2日,3日,弘前市)

  22. 宮田 元:神経細胞および混合性神経細胞膠細胞腫瘍の病理.第34回日本脳腫瘍病理学会教育セミナー(2016年5月27日,東京都)

  23. 宮田 元:脳梗塞の病理:経時変化.第35回日本画像医学会(2016年2月26日,27日,東京都)

  24. 宮田 元:パーキンソン病と類縁疾患の神経病理.分入青山会(2016年1月9日,山口市)

  25. 宮田 元:てんかんの外科病理学的研究.てんかんシンポジウム宮崎2015(2015年11月13日,14日,宮崎市)

  26. 宮田 元:Focal Cortical Dysplasia の神経病理.第49回日本てんかん学会学術集会(2015年10月30日,31日,長崎市)
     
  27. 宮田 元:18トリソミー症候群における錐体路形成異常.第8回神経機能回復セミナー2015(2015年9月18日,19日,仙北市)
     
  28. 宮田 元:てんかん外科病理の基礎知識:非腫瘍性病変(改訂第2版).第11回神経病理コアカリキュラム教育セミナー 第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  29. 宮田 元:臨床病理検討会4 指定討論者.第33回日本脳腫瘍病理学会学術集会(2015年5月29日,30日,高松市)
     
  30. 宮田 元:「脳血管障害の病理」知っておきたい神経病理の基礎と応用.第22回 新潟神経筋疾患懇話会〜神経筋疾患の治療とリハビリのために〜(2015年5月8日,柏崎市)
     
  31. 宮田 元:脳血管障害の病理.第40回日本脳卒中学会総会(2015年3月25日,26日,27日,28日,29日,広島市)
     
  32. 宮田 元:特発性正常圧水頭症と海馬硬化症の神経病理.シンポジウム7「認知症医療と脳神経外科」第33回日本認知症学会学術集会(2014年11月29日,30日,12月1日,横浜市)
     
  33. 宮田 元:側頭葉てんかん/海馬硬化症の ILAE(2013)組織分類.第48回日本てんかん学会学術集会(2014年10月2日,3日,東京都)
     
  34. 宮田 元:特発性正常圧水頭症の神経病理所見とビンスワンガー病との異同:脳内微小血管硬化の病理機序に関する考察.京都髄液フォーラム2014(2014年8月3日,京都市)
     
  35. 宮田 元:脳卒中の病理.分入青山会(2014年7月19日,山口市)
     
  36. 宮田 元:脳血管障害の病理.第10回神経病理コアカリキュラム教育セミナー 第55回日本神経病理学会総会学術研究会(2014年6月5日,6日,7日,東京都)
     
  37. 宮田 元:特発性正常圧水頭症(iNPH)の神経病理.第27回老年期認知症研究会(2013年7月27日,東京都)
     
  38. 宮田 元:てんかん外科病理の基礎知識:非腫瘍性病変.第9回神経病理コアカリキュラム教育セミナー 第54回日本神経病理学会総会学術研究会(2013年5月24日,25日,26日,東京都)
     
  39. 宮田 元:てんかん原性非腫瘍性脳病変の外科病理学.シンポジウム1「てんかんの病態病理」 第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  40. 宮田 元:脳血管障害の病理.第8回神経病理コアカリキュラム教育セミナー 第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  41. 宮田 元:ILAE (2010) 版 Focal Cortical Dysplasia (FCD) の提唱分類と診断基準.てんかん外科病理診断フォーラム 教育レクチャー 第99回日本神経病理学会関東地方会(2012年1月7日,東京都)
     
  42. 宮田 元:神経病理学におけるニーズと医工連携の可能性.秋田メディカルインダストリ(AMI)ネットワーク 第2回医療ニーズ発表会(2009年7月30日,秋田市)
     
  43. 宮田 元:難治性てんかんの外科神経病理.第63回秋田脳神経画像研究会(2009年5月23日,秋田市)
     
  44. 宮田 元:脳腫瘍基礎研究推進のために:神経病理の立場から.第27回日本脳腫瘍病理学会(2009年5月8日,9日,福岡市)
     
  45. 石 龍徳,宮田 元,堀 智勝:てんかん病理 てんかん患者の海馬におけるニューロンの新生.第42回日本てんかん学会(2008年10月18,19日,東京都)
     
  46. 宮田 元,大浜栄作,石 龍徳,落合 卓,堀 智勝:てんかん病理 選択的扁桃核海馬切除術によって治療された内側側頭葉てんかん患者における海馬および扁桃核の病理学的特徴.第42回日本てんかん学会(2008年10月18,19日,東京都)

国内(一般演題)

  1. 飯島圭哉,種井善一,澁谷 誠,佐藤典子,後藤雄一,岩崎真樹,宮田 元,鈴木博義,齊藤祐子:経過 20 年の難治性てんかんを合併した 26 歳男性の左側頭葉腫瘍.第122回日本神経病理学会関東地方会(2019年8月24日,東京都)

  2. 飯島圭哉,後藤雄一,佐藤典子,齊藤祐子,澁谷 誠,宮田 元,鈴木博義,種井善一,岩崎真樹:てんかんの原因となる低悪性度神経上皮腫瘍の病理と分子遺伝子学的特徴.第97回群馬脳神経外科懇話会(2019年8月17日,高崎市)

  3. 須藤冴子桑重はる香,中本英俊,久保田有一,宮田 元:脳膿瘍治療後のグリア瘢痕と海馬硬化症を伴う側頭葉てんかんの1手術例.第60回日本神経病理学会総会学術研究会(2019年7月14日,15日,16日,名古屋市)(優秀学生ポスター賞

  4. 小野智憲,本田涼子,渡邊嘉章,宮田 元,馬場啓至:発症から3か月で外科手術を行った扁桃核腫大に伴う側頭葉てんかんの成人例.第26回九州山口てんかん外科研究会(2019年3月30日,福岡市)

  5. 長綱敏和,藤井正美,長光 逸,金子奈津江,安田浩章,浦川 学,山下哲男,田中慎介,濱岡敏基,松田綾子,田谷美恵子,宮田 元:海馬の追加切除が有効だった右内側側頭葉腫瘍の1例.第26回九州山口てんかん外科研究会(2019年3月30日,福岡市)

  6. 松尾由理,宮田 元,溝口智子,内藤康仁,植松 智,審良静男,佐々木泰治,田辺光男:ドパミン神経でのPGE2合成酵素誘導はパーキンソン病での神経変性に寄与する.第92回日本薬理学会年会(2019年3月14日,15日,16日,大阪市)

  7. 原 賢寿,山岸拓磨,井上佳奈,大内東香,柴野 健,宮田 元:MYH7遺伝子変異によるLaing型遠位型ミオパチーの1例.第103回 日本神経学会東北地方会(2019年3月9日,仙台市)

  8. 柴野 健,山崎拓磨,井上佳奈,大内東香,原 賢寿,宮田 元:発症から32年間長期生存した筋萎縮性側索硬化症の1剖検例.第25回東北神経病理研究会(2018年11月10日,秋田市)

  9. 市川 大,深谷浩史,大川 聡,提嶋眞人,川上速人,中道一生,宮田 元:緩徐進行性の経過が示唆された小脳・脳幹型進行性多巣性白質脳症の1剖検例.第25回東北神経病理研究会(2018年11月10日,秋田市)

  10. 須藤冴子,桑重はる香,中本英俊,久保田有一,宮田 元:脳膿瘍治療後のグリア瘢痕と海馬硬化症を伴う内側側頭葉てんかんの1手術例.第25回東北神経病理研究会(2018年11月10日,秋田市)

  11. 原 賢寿,宮田 元:常染色体優性遺伝性の遠位型ミオパチ−の1例.第25回東北神経病理研究会(2018年11月10日,秋田市)

  12. Iwasaki M,Ikegaya N, Iijima K,Takayama Y,Kimura Y,Kaneko Y,Saito Y,Sato N,Goto Y,Miyata H,Suzuki H:Surgical treatment and clinical characteristics of low-grade epilepsy-associated neuroepithelial tumor. 第52回日本てんかん学会学術集会(2018年10月25日,26日,27日,横浜市)

  13. 岩崎真樹,池谷直樹,飯島圭哉,高山裕太郎,木村唯子,金子 裕,齊藤祐子,後藤雄一,佐藤典子,宮田 元,鈴木博義:てんかんを主症状とする低悪性度腫瘍の臨床像と 外科治療.一般社団法人 日本脳神経外科学会 第77回学術総会(2018年10月10日,11日,12日,仙台市)

  14. 大島 徹,宮田 元,大谷真紀,美作宗太郎:塞栓子の動態が解剖所見から推測できた出血性脳梗塞の一例.第19回日本法医学会学術北日本地方集会・法医学談話会第105回例会(2018年9月28日,29日,旭川市)

  15. 宮田 元河村純子,師井淳太,石川達哉,木下俊文,吉田泰二:Segmental arterial mediolysisと考えられた前大脳動脈解離の2手術例 Intracranial segmental arterial mediolysis manifested by anterior cerebral artery dissection.第107回日本病理学会総会(2018年6月21日,22日,23日,札幌市)

  16. 戸田啓介,小野智憲,馬場啓至,馬場史郎,宮田 元:脳梁離断後二期的焦点切除を実施したウエスト症候群における神経病理所見.第41回日本てんかん外科学会(2018年1月18日,19日,奈良市)

  17. 中瀬泰然,長田 乾,佐藤雄一,前田哲也,池内 健,宮田 元:遺伝子異常を同定し得た家族性アルツハイマー病の新規家系.第36回日本認知症学会学術集会(2017年11月24日,25日,26日,金沢市)

  18. 本田涼子,宮田 元,小野智憲,戸田啓介,池田憲呼,安 忠輝,田中茂樹,伊東正博,馬場啓至:周生期の脳表在性出血によると考えられた乳児てんかん患者の一手術例:臨床病理学的検討.第51回日本てんかん学会学術集会(2017年11月3日,4日,5日,京都市)

  19. 小野智憲,宮田 元,戸田啓介,大園恵介,日宇 健,川原一郎,牛島隆二郎,堤 圭介,杉田保雄,三原裕美,伊東正博,馬場啓至:薬剤抵抗性てんかんで発症した一次運動野のpure cortical ependymoma.第127 回日本脳神経外科学会九州支部会(2017年10月21日,長崎市)

  20. 吉川剛平,師井淳太,宮田 元,引地堅太郎,吉岡正太郎,小林慎弥,佐野圭昭,佐野由佳,田邉 淳,前田匡輝,古谷伸春,遠藤拓朗,吉田泰之:多発嚢状動脈瘤を有するくも膜下出血症例における破裂瘤の造影MRI所見とその病理学的検討.日本脳神経外科学会 第76回学術総会(2017年10月12日,13日,14日,名古屋市)

  21. 遠藤拓朗,師井淳太,宮田 元,吉田泰之,石川達哉:脳梗塞とくも膜下出血を同時に発症した前大脳動脈解離の1例とその病理組織学的検討.第54回(一社)日本脳神経外科学会東北支部会(2017年9月2日,盛岡市)

  22. Okanari K , Honda R , Miyahara H , Matsuzuka A , Suenobu S , Maeda T , Ono T , Toda K , Miyata H , Takahashi Y , Korematsu S:Successful resection for an epilepsy child with focal cortical dysplasia and autoimmune encephalitis.第59回日本小児神経学会学術集会(2017年6月15日,16日,17日,大阪市)

  23. 宮田 元,佐野圭昭:脳アミロイド血管症による脳出血の一剖検例.第58回日本神経病理学会総会学術研究会(2017年6月1日,2日,3日,東京都)

  24. 河村純子,中村和浩,吉田泰二宮田 元:脳虚血再灌流後の一過性過灌流における血管新生の関与:ラットMCAoモデルにおける組織学的および免疫組織化学的定量評価.第58回日本神経病理学会総会学術研究会(2017年6月1日,2日,3日,東京都)

  25. 笹村彬恵宮田 元:大型脳組織のパラフィン包埋過程で生じる変形を軽減するための工夫.第58回日本神経病理学会総会学術研究会(2017年6月1日,2日,3日,東京都)

  26. 宮田 元,小野智憲,戸田啓介,本田涼子,三原裕美,里 龍晴,馬場啓至,杉田保雄,伊東正博:てんかん原性大脳皮質上衣腫の一例と臨床病理学的考察.第35回日本脳腫瘍病理学会(2017年5月19日,20日,宇都宮市)

  27. 吉田 泰之、中瀬 泰然、宮田 、師井 淳太、吉岡 正太郎、引地 堅太郎、佐野 圭昭、佐野 由佳、小林 慎弥、齋藤 浩史、田邉 淳、古谷 伸春、遠藤 拓朗、吉川 剛平、 石川達哉:急性期脳梗塞患者の病型分類と閉塞部のMRI画像および回収血栓の病理学的性状.第42回 日本脳卒中学会学術総会 (2017年3月16日,17日,18日,19日,大阪市)

  28. 阿部圭市,田中将大,佐々木裕亮,佐々木綾香,大村佳大,角真佐武,松岡 剛,大橋元一郎,野中洋一,笹沼仁一,堀 智勝,渡邉一夫, 宮田 :SEEG 挿入における MRI ガイド下フレームレスナビゲーションシステムの有用性.第50回日本てんかん学会学術集会(2016年10月7日,8日,9日,静岡市)

  29. Hori T,Miyata H,Seki T:Abnormal immature granule cells are specific to hippocampal sclerosis type 1.第50回日本てんかん学会学術集会(2016年10月7日,8日,9日,静岡市)

  30. 遠藤拓朗,石川達哉,師井淳太,宮田 元,引地堅太郎,小林慎弥,佐野圭昭,佐野由佳,齋藤浩史,田邉 淳,前田匡輝,古谷伸春,吉川剛平,吉田泰之,鈴木明文:未破裂脳動脈瘤の脆弱性と関連するリスク因子に関する検討.日本脳神経外科学会 第75回学術総会(2016年9月29日,30日,10月1日,福岡市)

  31. 河合秀哉,佐野圭昭,引地堅太郎,遠藤拓朗,師井淳太,石川達哉,宮田 元:ガンマナイフ治療後10年で遅発性嚢胞を伴う放射線誘発性海綿状血管腫を生じた転移性脳腫瘍の1例.日本脳神経外科学会 第75回学術総会(2016年9月29日,30日,10月1日,福岡市)

  32. 原 賢寿,茂木崇秀,柴野 健,石黒英明,宮田 元:下垂足を呈した甲状腺中毒症の1例.第98回日本神経学会東北地方会(2016年9月10日,山形市)
     
  33. 河村純子,中村和浩,宮田 元:虚血後一過性過灌流と血管新生との関連性について:一過性中大脳動脈閉塞モデルラットによる病理学的検討.第57回日本神経病理学会総会学術研究会(2016年6月1日,2日,3日,弘前市)

  34. 富田 凪,寸田祐嗣,櫻井 優,竹内 崇,宮田 元,森田剛仁:インスリン誘発性一過性低血糖負荷がラット小脳に与える影響に関する神経病理学的検討.第57回日本神経病理学会総会学術研究会(2016年6月1日,2日,3日,弘前市)

  35. 宮田 元杉江 藍河村純子,堀 智勝:ヒト内側側頭葉てんかんにおけるオリゴデンドロサイトの病態に関する神経病理学的研究.公益財団法人 てんかん治療研究振興財団  第27回研究報告会(2016年3月4日,大阪府)

  36. 中村和浩,河村純子,近藤 靖,宮田 元,木下俊文:MRI位相画像展開方法によるラット過渡的脳虚血領域評価の変化.MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)(2015年11月20日,21日,仙台市)
     
  37. 大島 徹,大谷真紀,宮田 元,美作宗太郎:骨折か縫合線かの鑑別に苦慮した乳児急死の一例.第9回法医画像勉強会(2015年9月12日,旭川市)
     
  38. 鈴木麻弥,宮田 元,吉岡年明,山本洋平,西島亜紀,大森泰文:頭蓋骨の完全欠損を含む多発奇形を伴った羊膜索症候群の一剖検例.第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  39. 宮田 元,大谷真紀,大島 徹,美作宗太郎:内面が上衣細胞で覆われた透明中隔腔とベルガ腔.第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  40. 廣嶋優子,南條 博,宮田 元,伊藤行信,吉田 誠,前田大地,後藤明輝,三瓶 結,菅原正伯:発症4ヶ月で死亡した孤発性筋萎縮性側索硬化症の一剖検例.第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  41. 宮田 元,遠藤拓朗,前田匡輝,引地堅太郎,南條 博,師井淳太:腫瘍内出血で発症した、くも膜下腔への浸潤と硬膜との癒着を伴う anaplastic ganglioglioma の一手術例.第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  42. 佐藤亮太,末廣泰子,春木明代,尾本雅俊,髙橋 徹,亀井敏昭,宮田 元,福迫俊弘:多発性大脳白質病変のMRI画像所見と脳生検組織所見から lymphomatosis cerebri と診断し、化学療法が有効であった一例.第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  43. 太田陽子,山口隆廣,小田晋輔,河原明奈,板倉淳哉,伏見聡一郎,大原俊章,平 麻美,宮田 元,松川昭博:FCD Type IIb と結節性硬化症皮質結節との鑑別が問題になった症候性ウェスト症候群の一手術例.第56回日本神経病理学会総会学術研究会(2015年6月3日,4日,5日,福岡市)
     
  44. 宮田 元,小森隆司,大村佳大,鈴木博義,渡辺みか,野中洋一:脳室上衣細胞への分化を伴う鞍上部グリア系腫瘍の一手術例.第33回日本脳腫瘍病理学会学術集会(2015年5月29日,30日,高松市)
     
  45. 本郷祥子,宮田 元,福迫俊弘,尾本雅俊,石原得博,森松光紀:脳幹優位型レビー小体と嗜銀顆粒および4-repeat tau 優位の神経原線維変化を伴った多系統萎縮症の一剖検例.第104回日本病理学会総会(2015年4月30日,5月1日,2日,名古屋市)
     
  46. 太田陽子,山口隆廣,小田晋輔,河原明奈,板倉淳哉,伏見聡一郎,大原俊章,平 麻美,宮田 元,松川昭博:限局性皮質異形成と皮質結節(結節性硬化症)との鑑別が問題になった一例.第104回日本病理学会総会(2015年4月30日,5月1日,2日,名古屋市)
     
  47. 佐野由佳,石川達哉,宮田 元,師井淳太,吉岡正太郎,引地堅太郎,佐野圭昭,岡田 健,小林慎弥,齋藤浩史:経過観察中に増大をきたした未破裂脳動脈瘤の病理像.第44回日本脳卒中の外科学会学術集会(2015年3月25日,26日,27日,28日,29日,広島市)
     
  48. 辻 正範,石田藤麿,石川達哉,宮田 元,古川和博,芝 真人,種村 浩,梅田靖之,霜坂辰一,鈴木秀謙:Aneurysm Formation Indicator (AFI)による瘤内血流うっ滞の至適評価時間の検討.第44回日本脳卒中の外科学会学術集会(2015年3月25日,26日,27日,28日,29日,広島市)
     
  49. 佐野由佳,石川達哉,宮田 元,師井淳太,吉岡正太郎,引地堅太郎,佐野圭昭,岡田 健,小林慎弥,齋藤浩史:手術適応となった進行性内頚動脈狭窄症の臨床病理像.第40回日本脳卒中学会総会(2015年3月25日,26日,27日,28日,29日,広島市)
     
  50. 宮田 元:てんかん原性大脳皮質形成異常の病理学的病態解明.公益財団法人 てんかん治療研究振興財団  第26回研究報告会(2015年3月6日,大阪府)
     
  51. 太田陽子,伏見聡一郎,河原明奈,タテサン,小田晋輔,板倉淳哉,山口隆廣,大原利章,秋山倫之,宮田 元,松川昭博:左後頭葉病変.日本病理学会中国四国支部学術集会(第116回スライドカンファレンス)(2015年2月14日,岡山市)
     
  52. 宮田 元,本郷祥子,福迫俊弘,尾本雅俊,森松光紀:複数の病態を伴った多系統萎縮症の一剖検例.第42回臨床神経病理懇話会(2014年11月15日,16日,和歌山市)
     
  53. 廣嶋優子,宮田 元,南條 博,伊藤行信,吉田 誠,前田大地,後藤明輝,三瓶 結,菅原正伯:非嗜銀性 TDP-43 陽性封入体と脊髄視床路の変性を伴った筋萎縮性側索硬化症の一剖検例.第21回東北神経病理研究会(2014年11月1日,弘前市)
     
  54. 本郷祥子,宮田 元,福迫俊弘,尾本雅俊,森松光紀:レビー小体病と 4-repeat tauopathy を伴った多系統萎縮症の一剖検例.第21回東北神経病理研究会(2014年11月1日,弘前市)
     
  55. 宮田 元,遠藤拓朗,前田匡輝,引地堅太郎,南條 博,師井淳太:腫瘍内出血で発症した,硬膜浸潤を伴う anaplastic ganglioglioma の一手術例.第21回東北神経病理研究会(2014年11月1日,弘前市)
     
  56. 佐野由佳、石川達哉,宮田 元,師井淳太,吉岡正太郎,引地堅太郎,佐野圭昭,岡田 健,小林慎弥,齊藤浩史,古谷伸春,前田匡輝,遠藤拓朗,鈴木明文:経過観察中に増大をきたした未破裂脳動脈瘤の病理像.(社)日本脳神経外科学会 第73回学術総会(2014年10月9日,10日,11日,東京都)
     
  57. 河合秀哉,石川達哉,引地堅太郎,佐野圭昭,宮田 元:ガンマナイフ治療を行った盲腸癌脳転移の2例.(社)日本脳神経外科学会 第73回学術総会(2014年10月9日,10日,11日,東京都)
     
  58. 辻 正範,石田藤麿,石川達哉,宮田 元,古川和博,芝 真人,種村 浩,梅田靖之,霜坂辰一,鈴木秀謙:数値流体力学(computational fluid dynamics, CFD)による脳動脈瘤止血メカニズムの検討.(社)日本脳神経外科学会 第73回学術総会(2014年10月9日,10日,11日,東京都)
     
  59. 阿部圭市,堀 智勝,佐々木祐亮,小林達弥,大村佳大,大橋元一郎,野中洋一,笹沼仁一,渡邉一夫,谷川博人,矢崎俊二,宮田 元,髙橋幸利:発作型,焦点,画像上の変化を認めた慢性肉芽腫性脳炎による難治性てんかんに対し側頭葉切除を行った一例.第48回日本てんかん学会学術集会(2014年10月2日,3日,東京都)
     
  60. 堀 智勝,新村 核,宮田 元:皮質形成異常に伴う前頭葉てんかん4例の外科治療.Frontal disconnection の有用性.第48回日本てんかん学会学術集会(2014年10月2日,3日,東京都)
     
  61. 中村和浩,河村純子,近藤 靖,豊島英仁,木下俊文,宮田 元:MT効果の非対称性によるCASL法推定値の変化を利用したラット虚血領域の評価.第42回日本磁気共鳴医学会大会(2014年9月18日,19日,20日,京都市)
     
  62. 遠藤拓朗,引地堅太郎,師井淳太,宮田 元,齋藤浩史,石川達哉:脳実質内血腫で発症した、硬膜浸潤を伴うanaplastic oligoastrocytomaの一例.第51回(社)日本脳神経外科学会東北支部会(2014年9月6日,秋田市)
     
  63. 足立 正,宮田 元,中野俊也,足立芳樹,加藤信介,中島健二:CSF1R 新規変異 R579W を伴う hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids 兄妹剖検例.第55回日本神経病理学会総会学術研究会(2014年6月5日,6日,7日,東京都)
     
  64. 宮田 元,原 賢寿,齋藤 謙,龍福雅恵,大内東香,柴野 健,八木田健司,石黒英明:自由生活性アメーバ感染による壊死性肉芽腫性髄膜脳脊髄炎の1剖検例.第55回日本神経病理学会総会学術研究会(2014年6月5日,6日,7日,東京都)
     
  65. 中瀬泰然,金子妙子龍福雅恵,石川達哉,宮田 元:頸動脈アテローム硬化症プラークにおけるコネキシン蛋白の病理的意義の検討.第55回日本神経病理学会総会学術研究会(2014年6月5日,6日,7日,東京都)
     
  66. 小山昌平,原 賢寿,大内東香,柴野 健,石黒英明,宮田 元:髄液中に形質細胞をみとめたアメーバ性髄膜脳炎の1剖検例.第93回日本神経学会東北地方会(2014年3月8日,仙台市)
     
  67. 宮田 元龍福雅恵,大浜栄作:特発性正常圧水頭症(iNPH)の神経病理所見とビンスワンガー病(BD)との異同.第15回日本正常圧水頭症学会(2014年2月1日,吹田市)
     
  68. 中村和浩,河村純子,近藤 靖,宮田 元,木下俊文:過渡的中大脳動脈閉そくモデルラットにおける再灌流後3日にわたるMRI画像所見の推移.電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティクス研究会(2014年 1月24日,25日,佐賀市)
     
  69. 足立 正,宮田 元,中野俊也,足立芳樹,加藤信介,中島健二:CSF1R 新規変異 R579W を伴う hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids 兄弟剖検例.第4回日本神経病理学会中国・四国地方会(2013年12月15日,東温市)
     
  70. 宮田 元,小田晋輔,柴田 敬,小林勝弘,近藤聡彦,伏見聡一郎:外側側頭葉表在型腫瘍による症候性てんかんの1手術例.第41回臨床神経病理懇話会(2013年11月16日,17日,長久手市)
     
  71. 宮田 元,大谷真紀,大島 徹,美作宗太郞:内面が上衣細胞で覆われた透明中隔腔(第5脳室)とベルガ腔(第6脳室).第20回東北神経病理研究会(2013年10月26日,仙台市)
     
  72. 宮田 元,原 賢寿,大内東香,柴野 健,齋藤 謙,石黒英明:臨床的に癌性髄膜炎が疑われた 69 歳,男性の一剖検例.第20回東北神経病理研究会(2013年10月26日,仙台市)
     
  73. 宮田 元,杉田保雄,龍福雅恵,新村 核,堀 智勝:Combined pleomorphic xanthoastrocytoma and ganglioglioma の一手術例.第20回東北神経病理研究会(2013年10月26日,仙台市)
     
  74. 堀 智勝,宮田 元:頭蓋内海綿状血管腫108例の外科治療ーてんかん発作コントロール率ー.第47回日本てんかん学会学術集会(2013年10月11日,12日,北九州市)
     
  75. 中村和浩,河村純子,近藤 靖,豊嶋英仁,木下俊文,宮田 元:Resting state fMRIを利用した脳虚血モデルラットの解析.第41回日本磁気共鳴医学会大会(2013年9月19日,20日,21日,徳島市)
     
  76. 宮田 元,大谷真紀,吉田泰二,大島 徹,美作宗太郞:大脳辺縁系 Papez 回路の経シナプス変性.第54回日本神経病理学会総会学術研究会(2013年5月24日,25日,26日,東京都)
     
  77. 龍福雅恵,引地堅太郎,師井淳太,宮田 元:ラトケ嚢胞様成分が混在した下垂体腺腫の1手術例.第54回日本神経病理学会総会学術研究会(2013年5月24日,25日,26日,東京都)
     
  78. 黒川温菜,櫻井 優,鈴木博子,島田章則,中村和弘,宮田 元,森田剛仁:Pathological study on the mechanism of neuronal death in the midline thalamic region of the rat following Kainic acid-induced seizure.第155回日本獣医学会(2013年3月28日,29日,30日,東京)
     
  79. 宮田 元,大谷真紀,吉田泰二,大島 徹,美作宗太郞:Papez回路の逆行性経シナプス変性を認めた脳動静脈奇形の一剖検例.第3回日本神経病理学会中国・四国地方会(2012年12月9日,米子市)
     
  80. 大谷真紀,宮田 元吉田泰二,大島 徹,美作宗太郞:後大脳動脈領域脳梗塞の慢性期剖検例に観察された順行性および逆行性経シナプス変性.第19回東北神経病理研究会(2012年11月17日,福島市)
     
  81. 龍福雅恵,引地堅太郎,斎藤栄理,木下俊文,師井淳太,宮田 元:下垂体腺腫とラトケ嚢胞が共存した先端巨大症の1手術例.第19回東北神経病理研究会(2012年11月17日,福島市)
     
  82. 宮田 元,柴野 健,大内東香,原 賢寿,齋藤 謙,石黒英明:広範な多系統変性を伴う筋萎縮性側索硬化症の一剖検例.第19回東北神経病理研究会(2012年11月17日,福島市)
     
  83. 宮田 元,中島 円,龍福雅恵,大浜栄作,宮嶋雅一,新井 一,福村由紀,齋藤 剛:著明な脳室拡大を呈した水頭症の一剖検例.平成24年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「特発性正常圧水頭症の病因・病態と診断・治療に関する研究」班会議(2012年11月10日,東京都)
     
  84. 大島 徹,大谷真紀,宮田 元,美作宗太郞:内視鏡的第三脳室開窓術中に死亡した一例.第13回日本法医学会学術北日本地方集会(2012年11月2日,札幌市)
     
  85. 引地堅太郎,石川達哉,宮田 元,師井淳太,河合秀哉,竹中俊介,吉岡正太郎,宇田賢司,岡田 健,小林慎弥,齊藤浩史,田邉 淳,古谷伸春,安井信之,鈴木明文:加齢の頚動脈プラーク性状と臨床症状への影響.(社)日本脳神経外科学会 第71回学術総会(2012年10月17日,18日,19日,大阪市)
     
  86. 石川達哉,宮田 元,師井淳太,引地堅太郎,吉岡正太郎,小林慎弥,鈴木明文:破裂脳動脈瘤における止血形態の病理学的検討.(社)日本脳神経外科学会 第71回学術総会(2012年10月17日,18日,19日,大阪市)
     
  87. 龍福雅恵,堀 智勝,坂内優子,新村 核,宮田 元:単純部分発作を主症状とする内側側頭葉てんかんの1手術例.第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  88. 石黒英明,柴野 健,原 賢寿,齋藤 謙,宮田 元:陳旧性小脳出血の既往歴をもつ孤発性筋萎縮性側索硬化症の一剖検例:Guillain-Mollaret三角の二次変性に関する病理学的検討.第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  89. 宮田 元,石川達哉:破裂前交通動脈瘤クリッピング術後に新生し増大した中大脳動脈未破裂嚢状動脈瘤の1手術例.第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  90. 河村純子,中村和浩,龍福雅恵吉田泰二宮田 元:虚血負荷が脳室下帯における増殖細胞の移動と分化に与える影響:ラット中大脳動脈一過性閉塞再灌流モデルにおける検討.第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  91. 宮田 元龍福雅恵,引地堅太郎,師井淳太,吉田泰二,石川達哉:頭蓋内嚢状動脈瘤の破裂機序:100手術例の病理組織学的検討.第53回日本神経病理学会総会学術研究会(2012年6月28日,29日,30日,新潟市)
     
  92. 宮田 元,Harry V. Vinters,堀 智勝: 内側側頭葉てんかん患者における扁桃核病変の病理学的意義:組織学的および免疫組織学的研究.公益財団法人 てんかん治療研究振興財団  第23回研究報告会(2012年3月9日,大阪府)
     
  93. 宮田 元,中島 円,龍福雅恵,宮嶋雅一,新井 一,福村由紀,齋藤 剛: Definite iNPHの一剖検例.平成23年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「特発性正常圧水頭症の病因・病態と診断・治療に関する研究」班会議(2011年11月5日,東京都)
     
  94. 師井淳太,齋藤浩史,吉田泰二宮田 元,石川達哉:頭葉内出血で発症した類もやもや病の1手術例:臨床病理学的検討 .第18回東北神経病理研究会(2011年10月29日,秋田市)
     
  95. 龍福雅恵,堀 智勝,坂内優子,新村 核,宮田 元:単純部分発作を主症状とする内側側頭葉てんかんの1手術例.第18回東北神経病理研究会(2011年10月29日,秋田市)
     
  96. 堀 智勝,新村 核,松尾成吾,宮田 元:前頭葉てんかん2例の臨床・病理.第18回東北神経病理研究会(2011年10月29日,秋田市)
     
  97. 大谷真紀,宮田 元,大島 徹,美作宗太郎:水無脳症の一剖検例.第18回東北神経病理研究会(2011年10月29日,秋田市)
     
  98. 宮田 元金子妙子,善本晴子,堀 智勝:異臭症の1手術例:嗅粘膜の組織学的および免疫組織化学的検討.第18回東北神経病理研究会(2011年10月29日,秋田市)
     
  99. 引地堅太郎,石川達哉,宮田 元,師井淳太,玉川紀之,武藤達士,安井信之,鈴木明文:未破裂脳動脈瘤の病理所見から(増大に関わる機序の分析).(社)日本脳神経外科学会 第70回学術総会(2011年10月12日,13日,14日,横浜市)
     
  100. 小林慎弥,石川達哉,宮田 元,師井淳太,竹中俊介,吉岡正太郎,武藤達士,引地堅太郎,岡田 健,宇田賢司,齊藤浩史,鈴木明文:Minor leakの臨床経過を呈した破裂脳動脈瘤の病理所見から.(社)日本脳神経外科学会 第70回学術総会(2011年10月12日,13日,14日,横浜市)
     
  101. 石川達哉,宮田 元,引地堅太郎,師井淳太,玉川紀之,武藤達士,安井信之,鈴木明文:未破裂脳動脈瘤の病理所見から(増大に関わる機序の分析).STROKE 2011 第40回日本脳卒中の外科学会(2011年7月30日,31日,8月1日,京都市)
     
  102. 玉川紀之,石川達哉,師井淳太,吉岡正太郎,武藤達士,引地堅太郎,福井一生,小林慎弥,岡田 健,宮田 元:頸動脈プラークの石灰化とPTA の危険度の検討〜3DCTA画像からの危険度の予測〜.STROKE 2011 第40回日本脳卒中の外科学会(2011年7月30日,31日,8月1日,京都市)
     
  103. 引地堅太郎,石川達哉,師井淳太,玉川紀之,河合秀哉,宮田 元,武藤達士,福井一生,小林慎弥,鈴木明文:当センターにおけるdistal AICA aneurysmの治療成績.STROKE 2011 第40回日本脳卒中の外科学会(2011年7月30日,31日,8月1日,京都市)
     
  104. 石川達哉,宮田 元,師井淳太,玉川紀之,武藤達士,引地堅太郎,安井信之,鈴木明文:破裂脳動脈瘤の病理(破裂点付近の止血血栓と動脈瘤壁の病態から).STROKE 2011 第40回日本脳卒中の外科学会(2011年7月30日,31日,8月1日,京都市)
     
  105. 丸屋 淳,西巻啓一,平安名常一,宮内孝治,宮田 元,皆河崇志:松果体部腫瘍に対する放射線療法から41年後に発生した放射線誘発グリオーマの1例.第58回新潟脳神経外科懇話会(2011年6月11日,新潟市)
     
  106. 宮田 元龍福雅恵吉田泰二,山下真吾,引地堅太郎,師井淳太,石川達哉:後頭蓋窩破裂末梢性動脈瘤4手術症例の病理組織学的検討.第52回日本神経病理学会総会学術研究会(2011年6月2日,3日,4日,京都市)
     
  107. 中瀬泰然,玉川紀之,金子妙子宮田 元:アテローム硬化性病変における酸化型LDLレセプターCD36の発現に関する免疫組織化学的検討.第52回日本神経病理学会総会学術研究会(2011年6月2日,3日,4日,京都市)
     
  108. 吉田純子,中村和浩,龍福雅恵町田美紀子,西村弘美,吉田泰二宮田 元:ラット中大脳動脈閉塞再灌流モデルにおける2種類の病変分布と臨床症状との対比.第52回日本神経病理学会総会学術研究会(2011年6月2日,3日,4日,京都市)
     
  109.  龍福雅恵,玉川紀之,宮田 元:著明な頭蓋外浸潤を伴う放射線誘発髄膜腫の1手術例: 組織学的および免疫組織化学的検討.第52回日本神経病理学会総会学術研究会(2011年6月2日,3日,4日,京都市)
     
  110. 宮田 元龍福雅恵,落合 卓,新村 核,堀 智勝: 内側側頭葉angiocentric gliomaの2成人手術例: 組織学的、免疫組織化学的および電子顕微鏡的検討.第29回日本脳腫瘍病理学会(2011年5月20日,21日,東京都)
     
  111. 宮田 元,宮嶋雅一,新井 一: iNPH剖検脳におけるleucine-rich a-2-glycoproteinの発現に関する免疫組織化学的検討.平成22年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究」班会議(2010年11月27日,東京都)
     
  112. 宮田 元,引地堅太郎,師井淳太,石川達哉:後下小脳動脈末梢部破裂解離性動脈瘤の1手術例.第17回東北神経病理研究会(2010年11月13日,仙台市)
     
  113. 宮田 元,柴野 健,原 賢寿,北原真紀子,斎藤 謙,石黒英明:内頚動脈先端部解離性動脈瘤の1剖検例.第17回東北神経病理研究会(2010年11月13日,仙台市)
     
  114. 宮田 元,大谷真紀,大島 徹,金子妙子,美作宗太郎:「非流暢性失語の背景病理としての大脳皮質基底核変性症」と考えられた1剖検例.第17回東北神経病理研究会(2010年11月13日,仙台市)
     
  115. 堀 智勝,藍原康雄,落合 卓,林 基弘,宮田 元:視床下部過誤腫の病理組織学的検討・治療成績からみた最良治療法.第44回日本てんかん学会(2010年10月14日,15日,岡山市)
     
  116. 宮田 元,大浜栄作,近藤慎二,落合 卓,堀 智勝:難治性内側側頭葉てんかんの神経病理学的検討:海馬硬化症の組織分類と発作予後との関連について.第44回日本てんかん学会(2010年10月14日,15日,岡山市)
     
  117. 佐々木恭子,大谷真紀,大島 徹,美作宗太郎,宮田 元:超音波診断装置を用いた脳病変の検出.第11回日本法医学会学術北日本地方集会・法医学談話会第97回例会(2010年10月15日,16日,福島市)
     
  118. 中村和浩,吉田純子,近藤 靖,水沢重則,宮田 元,木下俊文:過渡的脳虚血モデルラット再灌流1週間の変化.第38回日本磁気共鳴医学会大会(2010年9月30日,10月1日,2日,つくば市)
     
  119. 中村和浩,吉田純子,近藤 靖,水沢重則,宮田 元,木下俊文:過渡的脳虚血モデルラット再灌流72時間のMRI画像変化.第14回酸素ダイナミクス研究会(2010年9月4日,東京都)
     
  120. 宮田 元,村山浩通,新村 核,堀 智勝:限局性大脳皮質形成異常を伴うlow-grade oligoastrocytoma様病変:難治性側頭葉てんかん罹病期間33年の1例.第28回脳腫瘍病理学会(2010年5月21日,22日,大阪市)
     
  121. 伏見聡一郎,橋本由徳,野坂薫子,中安弘幸,萩野哲也,松川昭博,大浜栄作,宮田 元,中本 周:白血病治療中に敗血症とposterior reversible encephalopathy syndrome(PRES)様の画像所見を呈した急性脳症の一剖検例.第51会日本神経病理学会総会学術研究会(2010年4月23日,24日,25日,東京都)
     
  122. 宮田 元,大谷真紀,西田尚樹,吉田泰二,千葉 孝,吉岡尚文,美作宗太郞:アルコール依存症に関連するペラグラ脳症の3剖検例.第51回日本神経病理学会総会学術研究会(2010年4月23日,24日,25日,東京都)
     
  123. 玉川紀之,石川達哉,師井淳太,中山博文,鈴木明文,安井信之,宮田 元:VH-IVUS解析からのPTAの拡張機序と危険度の検討.第35回日本脳卒中学会総会(2010年4月15日,16日,17日,盛岡市)
     
  124. 石田藤磨,石川達哉,梅田靖之,松島 聡,安井信之,宮田 元,霜坂辰一,滝 和郎:Computational Fluid Dynamics (CFD)解析を用いた破裂脳動脈瘤の止血形態の解明.第35回日本脳卒中学会総会(2010年4月15日,16日,17日,盛岡市)
     
  125. 宮田 元,大浜栄作,宮嶋雅一,新居 一,高瀬 優,八尾隆史:Probable iNPHにおける白質病変の分布,アクアポリンの発現および大脳深部白質微小血管の電子顕微鏡的検討.平成21年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「正常圧水頭症の疫学・病態を治療に関する研究」班会議(2009年12月12日,東京都)
     
  126. 大谷真紀,宮田 元,美作宗太郎,吉岡尚文:Pellagra encephalopathyの病理所見を認めた1剖検例.第16回日本神経病理学会東北地方会(2009年11月21日,山形市)
     
  127. 宮田 元,佐藤雄一,木下俊文,長田 乾:弧発性若年発症アルツハイマー病の1剖検例.第16回日本神経病理学会東北地方会(2009年11月21日,山形市)
     
  128. 玉川紀之,石川達哉,師井淳太,中山博文,吉岡正太郎,武藤達士,引地堅太郎,福井一生,山下真吾,鈴木明文,安井信之,宮田 元:VH-IVUS所見からのPTA の危険度評価~実際のプラークをバルーンで潰してみて~.第25回日本脳神経血管内治療学会(2009年11月19日,20日,21日,富山市)
     
  129. 木下俊文,木下富美子,永田倫之,宮田 元:橋梗塞後のワーラー変性のMR所見 ーMRIと病理の対比を含めてー .第121回日本医学放射線学会 北日本地方会(2009年11月6日,7日,仙台市)
     
  130. 堀 智勝,宮田 元,落合 卓,赤川浩之:難治性側頭葉てんかんの内側側頭葉の神経病理.第43回日本てんかん学会(2009年10月22-24日,弘前市)
     
  131. 玉川紀之,石川達哉,師井淳太,中山博文,吉岡正太郎,武藤達士,引地堅太郎,福井一生,山下真吾,鈴木明文,安井信之,宮田 元:VH-IVUSでは石灰化病変を過大評価し,プラーク内出血や血栓を過小評価する~病理標本との比較からわかったこと~.第68回日本脳神経外科学会総会(2009年10月14日,15日,16日,東京都)
     
  132. 石川達哉,宮田 元,師井淳太,玉川紀之,武藤達士,引地堅太郎,中山博文,山下真吾,福井一生,吉岡正太郎,鈴木明文,安井信之:脳動脈瘤破裂部位の病理学的検討 破裂点周辺の止血血栓と動脈瘤の壁はどうなっているか.(社)日本脳神経外科学会 第68回学術総会(2009年10月14-16日,東京都)
     
  133. 南雲 駿,今泉ちひろ,太田由里恵,佐原玄太,田邊恵子,藤部ゆり,大谷真紀,美作宗太郎,宮田 元:内頚動脈瘤破裂による致命的くも膜下出血の一剖検例.第10回日本法医学会学術北日本地方集会・法医学談話会第96回例会(2009年9月25日,26日,旭川市)
     
  134. 引地堅太郎,宮田 元,石川達哉,師井淳太,鈴木明文,安井信之:レンズ核線条体動脈に解離を認めた若年者高血圧性被殻出血の1例.第45回(社)日本脳神経外科学会東北支部会(2009年9月12日,福島市)
     
  135. 福井一生,石川達哉, 師井淳太,玉川紀之,宮田 元,安井信之:Dupulicated middle cerebral arteryの起始部に発生した破裂動脈瘤の1例.第45回(社)日本脳神経外科学会東北支部会(2009年9月12日, 福島市)
     
  136. 宮田 元,宮嶋雅一,高瀬 優,中島 円,八尾隆史,新井 一,大浜栄作:全経過6ヶ月で死亡した特発性正常圧水頭症の一剖検例.第50回日本神経病理学会総会学術研究会(2009年6月4日,5日,6日,高松市)
     
  137. 宮田 元浅野美貴子,大谷真紀,千葉 孝,吉岡尚文,吉田泰二:頭部外傷剖検例の脳および心臓神経におけるアミロイド前駆体蛋白発現に関する免疫組織化学的検討.第50回日本神経病理学会総会学術研究会(2009年6月4日,5日,6日,高松市)
     
  138. 上田麻奈美,宮田 元,杉浦千登勢,柿田明美,堀 映,Harry V. Vinters,大野耕策,大浜栄作:ヒト正常発達脳とてんかん原性皮質異形成におけるFGF-2の発現.第50回日本神経病理学会総会学術研究会(2009年6月4日,5日,6日,高松市)
     
  139. 伏見聡一郎,宮田 元,中本 周,荻野哲也,松川昭博,大浜栄作:TTF-1陽性を示したgliosarcomaの一例.第98回日本病理学会総会(2009年5月1日,2日,3日,京都市)
     
  140. 石川達哉,師井淳太,玉川紀之,小林紀方,武藤達士,河合秀哉,引地堅太郎,安井信之,宮田 元:破裂脳動脈瘤の破裂部位の止血形態と動脈瘤壁の性状.第34回日本脳卒中学会総会(2009年3月20日,21日,22日,松江市)
     
  141. 石 龍徳,宮田 元,前原通代,難波隆志,堀 智勝:てんかん患者の海馬におけるニューロン新生の検出法の開発と解析.(財)てんかん治療研究振興財団 第20回研究報告会(2009年3月6日,豊中市)
     
  142. 安藤寿彦,三谷紀之,山下浩司,高橋 徹,湯尻俊昭,谷澤幸生,大浜栄作,宮田 元:Reduced intensity conditioning cord blood transplantation後に、サイトメガロウイルス脳炎を発症した急性前骨髄球白血病の1例.第31回日本造血細胞移植学会総会(2009年2月5日、6日,札幌市)
     
  143. 宮田 元,児玉雅純,成田恵理子,大内東香,成瀬 聡,石黒英明:Acute fulminant multiple sclerosis of Marburg typeの一生検例.第15回東北神経病理研究会(2008年11月29日,盛岡市)
     
  144. 宮田 元,師井淳太,木下俊文:経過30年の三叉神経痛を呈した小脳橋角部多房性類上皮嚢胞の一例.第15回 東北神経病理研究会(2008年11月29日,盛岡市)
     
  145. 石 龍徳,宮田 元,前原通代,難波隆志,堀 智勝:ヒト海馬におけるニューロンの新生:てんかん患者の研究から.第17回「海馬と高次脳機能」学会(2008年11月22日,金沢市)
     
  146. 大浜栄作,宮田 元,宮嶋雅一,新井 一,高瀬 優,八尾隆史:Probable iNPHの一剖検例.平成20年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究」班会議(2008年11月1日,東京都)
     
  147. 杉浦千登勢,宮田 元,近藤慎二,前垣義弘,大野耕策,大浜栄作:周産期脳障害による多小脳回を有する難治性後頭葉てんかんの男性例.第42回日本てんかん学会(2008年10月18,19日,東京都)
     
  148. 石川達哉,師井淳太,宮田 元,玉川紀之,小林紀方,河合秀哉,羽入紀朋,武藤達士,引地堅太郎,吉岡正太郎,大中洋平,鈴木明文,安井信之:破裂前交通動脈瘤にはClipping術が優先されるべきである(動脈瘤の病理所見と止血形態からみた治療戦略).(社)日本脳神経外科学会 第67回学術総会(2008年10月1日,2日,3日,盛岡市)
     
  149. 木下富美子,木下俊文,篠原祐樹,吉田泰二宮田 元:淡蒼球・中小脳脚にMRIで異常を認めたCreutzfeldt-Jakob病の2例.第118回日本医学放射線学会北日本地方会(2008年6月6日,札幌市)
     
  150. 宮田 元,田邊路晴,川上 伸,大浜栄作:皮質下出血で発症した頭蓋内腫瘍の一例.第26回日本脳腫瘍病理学会(2008年5月23,24日,東京都)
     
  151. 宮田 元,上田麻奈美,和田健二,岡田浩子,下田光太郎,涌谷陽介,渡辺 憲,山口晴保,中島健二,大浜栄作:APP遺伝子異常を有する家族性アルツハイマー病の2剖検例.第49回日本神経病理学会総会学術研究会(2008年5月20日,21日,22日,東京都)
     
  152. 上田麻奈美,宮田 元,杉浦千登勢,大野耕作,柿田明美,大浜栄作,Harry V. Vinters:てんかん原性皮質異形成におけるFGF-2の発現:組織マイクロアレイを用いた免疫組織化学的定量解析.第49回日本神経病理学会総会学術研究会(2008年5月20日,21日,22日,東京都)

海外学会・国際学会(招待講演)

  1. Miyata HCommentator, Asian Diagnostic Slide Session 1, 19th International Congress of Neuropathology (ICN2018), Tokyo, Japan, September 23-27, 2018
     
  2. Hori T, Yoshimoto H, Miyata H: Trans-nasal microscopic resection of olfactory nerve filaments for 16 patients of parosmia: operative and neuropathological results. Key Note Forum, European Congress on Otorhinolaryngology and Communication Disorders (Euro Otorhinolaryngology 2018), Lisbon, Portugal, September 20-21, 2018
     
  3. Miyata H: Hippocampal Sclerosis. 9th International Summer School for Neuropathology and Epilepsy Surgery, Beijing, September 17-20, 2018
     
  4. Miyata H: Cerebrovascular disorders and epilepsy. 7th International Summer School for Neuropathology and Epilepsy Surgery, Campinas, Brazil, July 22-25, 2017
     
  5. Miyata H: Vascular malformation and epilepsy. 6th International Summer School for Neuropathology and Epilepsy Surgery, Chengdu, China, August 29-September 2, 2016
     
  6. Miyata H: Predictive and Prognostic Biomarkers in Brain Tumors. 31st International Epilepsy Congress, Istanbul, Turkey, September 5-9, 2015
     
  7. Miyata H (Pathology Discussant): Clinico-Pathological Conference - Tropical Medicine. 31st International Epilepsy Congress, Istanbul, Turkey, September 5-9, 2015
     
  8. Miyata H, Ohama E, Kondo S, Ochiai T, Hori T: Neuropathological study of medically intractable mesial temporal lobe epilepsy (MTLE) in Japan: histological classification of hippocampal sclerosis and its clinical relevance. 1st Task Force Meeting on Hippocampal Sclerosis, Amsterdam, Netherland, November 4-6, 2010

海外学会・国際学会(一般演題)

  1. Miyata H, Honda R, Ono T, Miyao S, Nakamoto H, Kubota Y, Itoh M: Morphological substrates of seizure onset zone in patients with post-hemorrhagic stroke epilepsy: histological and immunohistochemical studies on surgically resected cerebral tissue. 33rd International Epilepsy Congress, Bangkok, Thailand, June 22-26, 2019

  2. Miyata H, Okawa S, Ichikawa D, Fukaya H, Kawakami H, Nakamichi K, Sageshima M: An autopsy case of rhombencephalic form progressive multifocal leukoencephalopathy with an extremely low copy number of pathogenic JCV DNA in CSF. 95th Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Atlanta, Georgia, USA, June 6-9, 2019

  3. Miyata HSudo SKubota Y, Nakamoto H, Honda R, Toda K, Ono T, Itoh M, Fujii M, Tanaka S, Sakamoto N, Osawa S, Iwasaki M, Kitazono I, Yoshioka T, Suzuki H, Hori T: Histopathological features of hippocampal sclerosis in dual pathology. American Epilepsy Society 2018 Annual Meeting, New Orleans, Louisiana, USA, November 30 - December 4, 2018

  4. Oka N, Iwasaki M, Osawa S, Kanamori M, Jin K, Miyata H, Watanabe M, Nakazato N, Uenohara H, Suzuki H: Three cases of unclassified low-grade gliomas with presence of numerous CD34-positive cells. 19th International Congress of Neuropathology (ICN2018), Tokyo, Japan, September 23-27, 2018

  5. Kosaka T, Nagao Y, Nakajima M, Kuroda J, Kaneko K, Takahashi T, Miyata H, Kakita A, Mikami Y, Ando Y: Brain biopsy findings in a patient with MOG antibody-associated encephalitis. 19th International Congress of Neuropathology (ICN2018), Tokyo, Japan, September 23-27, 2018

  6. Chute DJ, Newman KK, Miyata H: A case of congophilic amyloid angiopathy-related hemorrhages versus traumatic brain injury by car accident? 19th International Congress of Neuropathology (ICN2018), Tokyo, Japan, September 23-27, 2018

  7. Sugita Y, Furuta T, Komaki S, Ohshima K, Miyata H, Watanabe M, Kakita A, Takahashi H, Okonogi S, Masuda H: Central nervous system marginal zone B-cell lymphomas involving brain or spinal parenchyma: clinicopathological study of eight cases. 19th International Congress of Neuropathology (ICN2018), Tokyo, Japan, September 23-27, 2018

  8. Miyata HKawamura J, Moroi J, Ishikawa T, Toshibumi K, Yoshida Y: Segmental arterial mediolysis as a cause of intracranial dissecting aneurysm: pathological findings in two surgical cases. 94th Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Louisville, Kentucky, USA, June 7-10, 2018

  9. Miyata H, Sugie A, Kawamura J, Hori T: Factors affecting the number of oligodendrocytes in human temporal lobe epilepsy: a clinicopathological study. 32nd International Epilepsy Congress, Barcelona, Spain, September 2-6, 2017 (Best Abstract Contribution)

  10. Miyata H, Nakase T, Ikeuchi T, Yoshida Y: An autopsy case of early onset Alzheimer's disease with G378E mutation in PSEN1 showing widespread tau and Aβ pathologies. 93rd Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Garden Grove, California, USA, June 8-11, 2017

  11. Miyata HSugie AKawamura J, Hori T: Changes in number of oligodendrocytes in human temporal lobe epilepsy: an immunohistochemical study. 11th European Congress of Neuropathology, Bordeaux, France, July 6-9, 2016

  12. Miyata H, Yoshimoto H, Hori T: Histological and immunohistochemical studies of excised olfactory mucosae in patients with phantosmia. 92nd Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Baltimore, Maryland, USA, June 16-19, 2016

  13. Miyata H, Endo T, Maeda M, Hikichi K, Nanjo H, Moroi J: Massive intratumoral hemorrhage as an initial presentation in a case of anaplastic ganglioglioma with subarachnoid invasion and dural adhesion. 91st Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Denver, Colorado, USA, June 11-14, 2015
     
  14. Mezmezian MB, Jaroslavsky MJ, Dopazo V, Gomez S, Miyata H: Quasi-moyamoya disease secondary to atherosclerosis in a Hispanic woman. XVIII International Congress of Neuropathology, Rio de Janeiro, Brazil, September 14-18, 2014
     
  15. Miyata H, Hara K, Saitoh K, Ryufuku M, Ouchi H, Shibano K, Yagita K, Ishiguro H:An autopsy case of granulomatous amoebic meningoencephalomyelitis caused by Balamuthia Mandrillaris in Japan. 90th Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Portland, Oregon, USA, June 12-15, 2014
     
  16. Nakamura K, Kawamura J, Kondoh Y, Miyata H, Kinoshita T: Asymmetric magnetization transfer effects for perfusion imaging in transient ischemic brain tissue in rats. Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 2014, Milano, Italy, May 10-16, 2014
     
  17. Miyata H, Kaneko T, Tung S, Vinters HV: Comparative neuropathologic study of hippocampal sclerosis in mesial temporal lobe epilepsy and senile dementia. 89th Annual Meeting of the American Association of Neuropathologists, Charleston, SC, USA, June 20-23, 2013
     
  18. Nakamura K, Kawamura J, Kondoh Y, Miyata H, Kinoshita T: Evaluation of phase unwrapping methods in MRI for assessment of OEF in transient ischemic brain tissue in rats. The XXVIth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function & XIth International Conference on Quantification of Brain Function with PET, Shanghai, China, May 20-23, 2013 
     
  19. Kinoshita T, Kinoshita F, Umetsu A, Miyata H: Secondary degeneration after stroke: MR imaging features with emphasis on diffusion-weighted imaging findings. American Society of Neuroradiology 51st Annual Meeting, San Diego, CA, USA, May 18-23, 2013
     
  20. Miyata H, Ryufuku M, Ochiai T, Niimura K, Hori T: Adult-onset angiocentric glioma in the mesial temporal lobe. 87th Annual Meeting of The American Association of Neuropathologists, Seattle, WA, USA, June 23-26, 2011
     
  21. Hori T, Miyata H, Kondo S: Neuropathological study of medically intractable mesial temporal lobe epilepsy (MTLE): histological & MRI classification of hippocampal sclerosis and its clinical relevance. American Epilepsy Society 64th Annual Meeting, San Antonio, TX, USA, December 3-7, 2010
     
  22. Miyata H, Ohama E, Kondo S, Ochiai T, Hori T: Neuropathological study of medically intractable mesial temporal lobe epilepsy (MTLE): histological classification of hippocampal sclerosis and its clinical relevance. 17th International Congress of Neuropathology, Salzburg, Austria, Sep 11–15, 2010
     
  23. Fushimi S, Hashimoto Y, Ogino T, Matsukawa A, Ohama E, Miyata H, Nakamoto S: An autopsy case of ‘possible’ posterior reversible encephalopathy syndrome (PRES) associated with Bacillus cereus sepsis during the treatment of acute myeloid leukemia. 17th International Congress of Neuropathology, Salzburg, Austria, Sep 11–15, 2010
     
  24. Nakamura K, Kondoh Y, Mizusawa S, Yoshida JMiyata H, Kinoshita T: Cerebral blood flow autoregulation in transient ischemic tissue expressed delayed hyperperfusion two days after middle cerebral arterial occlusion. ISMRM・ESMRMB Joint Annual Meeting, Stockholm, Sweden, May 5-7, 2010
     
  25. Hori T, Ochiai T, Akagawa H, Kubota Y, Miyata H: Treatment of 21 patients of hypothalamic hamartoma with gelastic seizure by various modalities. Operative results and neuropathological characteristics. 28th International Epilepsy Congress, Budapest, Hungary, June 28 - July 2, 2009
     
  26. Hori T, Ochiai T, Miyata H: Neuropathological findings of the amygdala and hippocampus after subtemporal amygdalohippocampectomy for medically intractable temporal lobe epllepsy. 15th Quadrennial Meeting of the World Society of Stereotactic and Functional Neurosurgery, Toronto, Canada, May 24-27, 2009(海外渡航自粛のため演題取り下げ)

ページの先頭へ