【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

研究部門について

倫理委員会 The ethical committee

秋田県立脳血管研究センター倫理委員会
The ethical committee of Research Institute for Brain and Blood Vessels - Akita 

組織

(平成29年4月1日現在)

  • 委員長
    阿部 芳久(脳血管研究センター 副センター長)
  • 委員
    銭谷 秋生(学識経験者・秋田大学教育推進総合センター 教授)
    豊口 祐一(学識経験者・豊口法律事務所 弁護士)
    藤盛 節子(学識経験者・医療法人藤盛レィディーズクリニック 事務長)
    中瀬 泰然(脳血管研究センター センター長補佐)
    師井 淳太(脳血管研究センター センター長補佐)
    菅原  卓(脳血管研究センター センター長補佐)
    伊藤  暢(脳血管研究センター 事務部長)
    成田 尚子(脳血管研究センター 看護部長)
  • 事務局
    河田 慎平(脳血管研究センター 研究支援部主査)

規程・手順書・ガイドライン

(平成28年4月14日現在)

倫理委員会設置要項

倫理審査申請手順書

倫理審査申請書のガイドライン

審査結果

(カッコ内は申請者と承認年月日)

平成29年度承認課題
  • 320列面検出器CTを用いた4D-CTAによる脳虚血の評価に関する研究
    (放射線医学研究部・部長・木下俊文、平成29年6月12日)
  • 脳腫瘍診断におけるメチオニンPETの有効性の検討
    (脳神経外科診療部・部長・師井淳太、平成29年6月28日)
  • 高齢者における未破裂脳動脈瘤外科治療危険因子の前向き解析研究
    (脳神経外科診療部・部長・師井淳太、平成29年7月25日)
  • 地域包括ケアシステム・回復期における病院薬剤師の介入効果に関する調査研究
    (薬剤部・主査・八代佳子、平成29年7月28日)
平成28年度承認課題
  • 脳卒中急性期病院での入院24時間以内の死亡
    (脳卒中予防医学研究部・研究員・佐々木正弘、平成28年5月18日)
  • 脳卒中後うつ病の臨床症状の特徴についての解析
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成28年8月9日)
  • 脳卒中患者における運動関連領域間機能的結合と運動機能回復の関係性についての検討
    (機能訓練部・主任・皆方伸、平成28年8月12日)
  • 神経血管減圧術におけるポリウレタンスポンジの使用について
    (脳神経外科診療部・部長・師井淳太、平成28年10月4日)
  • 脳卒中研究者新ネットワークを活用した脳・心血管疾患における抗血栓療法の実態と安全性の解明(略称 BAT2)
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成28年10月4日)
  • プラーク性状に基づいた内頚動脈軽度狭窄症(50%未満)の予後と外科治療の意義
    (脳神経外科診療部・部長・師井淳太、平成28年10月4日)
  • RESPIRE研究:SAMとAFのレジストリ研究
    (循環器内科診療部・部長・阿部芳久、平成28年10月12日)
  • 2回収束型スピンエコー法による拡散強調画像を利用した脳循環代謝評価法の開発
    (放射線医学研究部・主任研究員・中村和浩、平成28年10月31日)
  • 非弁膜症性心房細動を有する後期高齢患者を対象とした前向き観察研究
    (循環器内科診療部・部長・阿部芳久、平成29年1月16日)
  • 脳梗塞急性期におけるクロピドローディングの安全性についての検討
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成29年2月10日)
  • カテーテルアブレーションを施術した非弁膜症性心房細動症例の抗凝固療法の実態とその予後に関する観察研究
    (循環器科学研究部・主任研究員・寺田健、平成29年3月21日)
  • 家族参加型リハビリテーションが退院後の患者の日常生活動作能力と家族の介護負担感に及ぼす影響
    (機能訓練部・技師・丹羽歩、平成29年3月21日)
  • パーキンソン病介護者のQuality of Lifeに関する神経心理学的検討
    (診療支援部・技師・篠田智美、平成29年3月31日)
平成27年度承認課題
  • Parkinson病患者における左室収縮障害:2D speckle tracking法を用いた左室global longitudinal strainによる評価
    (循環器科学研究部・主任研究員・藤原理佐子、平成27年5月15日)
  • パーキンソン病患者におけるICDとパーソナリティの関連性の検討
    (難治性脳疾患研究部・特任研究員・篠田智美、平成27年5月18日)
  • 健康教室参加者を対象とした脳卒中予防因子の生活背景についての研究
    (脳卒中予防医学研究部・研究員・佐々木正弘、平成27年5月18日)
  • くも膜下出血術後患者・家族への参加型看護計画の見直し
    (看護部・技師・高島愛里、平成27年6月18日)
  • 脊椎疾患術後患者へ疼痛スケールを活用した術後疼痛管理
    (看護部・技師・簾内史緒、平成27年6月18日)
  • 睡眠中発症および発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静注血栓溶解療法の有効性と安全性に関する臨床試験(略称THAWS Trial)
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成27年6月18日)
  • PETにおける散乱補正法の検証:15O脳循環PETでの簡易手法の妥当性
    (放射線医学研究部・主任研究員・茨木正信、平成27年7月16日)
  • 心房細動の早期発見のためのスクリーニングプログラムおよび適切な抗凝固療法推進のための医療連携プログラムの効果を検討する研究
    (脳卒中予防医学研究部・部長・鈴木明文、平成27年10月5日)
  • くも膜下出血スパズム期における血液循環動態と早期離床の安全性の検討
    (機能訓練部・技師・今直樹、平成27年10月5日)
  • 320列面検出器CTを用いた新たな頭部灌流解析に関する研究
    (放射線医学研究部・部長・木下俊文、平成27年12月7日)
  • 日本人非弁膜症性心房細動患者におけるワルファリンからアピキサバンへの切替時の患者満足度を検討する観察研究(略称:AGAIN試験)
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成28年2月23日)
  • スピンラベル法を用いた脳血流量画像における計算値画像の評価
    (放射線医学研究部・主任研究員・中村和浩、平成28年3月2日)
  • 脳卒中発症に関する危険因子の研究
    (脳卒中予防医学研究部・研究員・佐々木正弘、平成28年3月14日)
  • 秋田県脳卒中発症者通報事業データの利用に関して
    (脳卒中予防医学研究部・研究員・佐々木正弘、平成28年3月14日)
  • 秋田県脳卒中病院前救護プロトコルの臨床的評価
    (脳卒中予防医学研究部・部長・鈴木明文、平成28年3月14日)
  • SCUにおける摂食嚥下障害を有した脳卒中患者の食に対する認識
    (看護部SCU・技師・齊藤縁、平成28年3月31日)
  • 非観血的連続血圧血行動態測定装置を用いた、急性期脳卒中患者の体位変換に伴う血圧変動についての検討
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成28年3月31日)
  • 脳血管障害後の二次変性を反映するMRI所見についての検討
    (放射線医学研究部・部長・木下俊文、平成28年3月31日)
  • MRI・磁化率強調像を用いた貧困灌流の検出に関する研究
    (放射線医学研究部・部長・木下俊文、平成28年3月31日)
  • 術前ヤクルト投与による術後腸閉塞に及ぼす影響について
    (栄養部・技師・堀井育美、平成28年3月31日)
  • Dobutamineを用いたHyperdynamic therapyの脳血流への影響(PET-CBF/NIRSを用いた再評価)
    (脳神経外科学研究部・研究員・齋藤浩史、平成28年3月31日)
平成26年度承認課題
  • 直線偏光近赤外線の星状神経節近傍照射が脳卒中後複合性局所疼痛症候群患者の麻痺側上肢血流動態に与える影響に関する検討
    (機能訓練部・技師・照井駿明、平成26年4月21日)
  • MRI脳血流量画像取得法の違いによる、低灌流領域診断方法の検討
    (放射線医学研究部・主任研究員・中村和浩、平成26年4月21日)
  • 非弁膜症性心房細動患者の急性脳梗塞/TIAにおけるリバーロキサバンの投与開始時期に関する観察研究
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成26年4月24日)
  • 開頭術を受ける患者への術前訪問の満足度調査
    (看護部・技師・菊地弦、平成26年5月1日)
  • 【条件付き承認】SJM社製条件付MRI対応ペースメーカ使用成績調査
    (循環器内科診療部・部長・鈴木明文、平成26年5月9日)
  • 急性期脳卒中患者における早期歩行獲得因子の検討―非麻痺側機能に着目して―
    (機能訓練部・技師・大森俊輔、平成26年5月9日)
  • 「秋田県立脳血管研究センターにおける脳死下の臓器提供に関わる手順」の改訂に関して
    (看護部・副部長・成田尚子、平成26年5月20日)
  • 脳梗塞治療におけるダビガトランの血小板機能抑制効果についての研究
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成26年5月26日)
  • 脳神経血管内治療の可視化に関する研究
    (脳神経外科学研究部・主任研究員・師井淳太、平成26年9月29日)
  • 発症早期脳卒中患者におけるNIHSSの下位項目による早期歩行獲得因子の抽出
    (機能訓練部・技師・大森俊輔、平成26年9月29日)
  • CT脳血流測定における解析手法の検証:PETとの比較研究
    (放射線医学研究部・主任研究員・茨木正信、平成26年10月23日)
  • 【条件付き承認】日本メドトロニック株式会社製条件付MRI対応植込み型心臓ペースメーカ・ペースメーカリードに関する使用成績調査
    (循環器内科学研究部・主任研究員・藤原理佐子、平成27年1月22日)
  • 脳内出血急性期における、血腫周囲組織の脳循環に関する臨床研究
    (脳神経外科診療部・専攻医・佐野圭昭、平成27年1月27日)
  • 一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構)への手術・治療情報登録における個人情報の取り扱いについて
    (救急科診療部・部長・師井淳太、平成27年2月6日)
  • 急性期脳卒中患者におけるADL改善経過―FIM下位項目と心身機能評価の継時的変化からの分析―
    (機能訓練部・技師・丸山直美、平成27年2月10日)
  • 脊椎固定手術におけるスクリューガイドテンプレートを用いたスクリュー誘導法に関する臨床研究
    (脊髄脊椎外科診療部・部長・菅原卓、平成27年3月18日)
  • 未破裂脳動脈瘤患者に対するフェルモキシトールを造影剤として使用したMRでのマクロファージイメージングの実施可能性の検討
    (脳神経外科学研究部・部長・石川達哉、平成27年3月31日)
  • イコサペント酸(エパデール)投与による長期的脳梗塞二次予防効果の検討
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成27年3月31日)
平成25年度承認課題
  • パーキンソン病患者のレム睡眠行動異常症を含んだ睡眠障害に対してラメルテオンの有用性の検討
    (神経内科診療部・部長・前田哲也、平成25年4月17日)
  • ヒト脳動脈瘤標本を使用した遺伝子発現解析
    (副センター長・石川達哉、平成25年5月2日)
  • パーキンソン病に対する水素水による症状改善、進行抑制に対する有効性に関する検討―多施設共同臨床試験―
    (神経内科診療部・部長・前田哲也、平成25年6月4日)
  • 一過性脳虚血発作(TIA)患者における脳心血管イベントの発症に関する前向き観察研究
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成25年9月11日)
  • 非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対するリバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究
    (神経内科学研究部・部長・長田乾、平成25年9月19日)
  • 軽症クモ膜下出血後の高次脳機能障害と脳代謝障害の評価
    (脳神経外科学研究部・研究員・竹中俊介、平成25年10月28日)
  • 病棟看護師による患者・家族が望む退院支援
    (看護部・主査・佐々木小百合、平成25年11月6日)
  • くも膜下出血患者の術後における苦痛要因
    (看護部・技師・佐藤悠子、齊藤理絵、平成25年11月13日)
  • 急性期脳卒中患者の各姿勢間におけるエネルギー消費量の検討
    (機能訓練部・技師・中澤明紀、平成25年11月20日)
  • 脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成25年12月3日)
  • 脳神経外科医療の可視化に関する研究
    (脳神経外科学研究部・部長・石川達哉、平成25年12月24日)
  • 多発性硬化症におけるインターフェロンβ中和抗体に関する臨床研究
    (神経内科学研究部・研究員・高野大樹、平成26年1月10日)
  • 重度嗅覚障害を呈するパーキンソン病を対象としたドネペジルの予後改善効果に関する研究
    (神経内科診療部・部長・前田哲也、平成26年1月21日)
  • 新しいパーキンソン病のジスキネジア評価尺度(日本語版UDysRS)の信頼性、妥当性の検討
    (神経内科診療部・部長・前田哲也、平成26年2月3日)
  • 脳血管障害患者の注意機能と運転能力との関連
    (機能訓練部・技師・福田藍、平成26年2月28日)
  • パーキンソン病患者の非運動症状に関する観察研究
    (神経内科診療部・部長・前田哲也、平成26年3月3日)
  • 姿勢の違いが注意機能に与える影響
    (機能訓練部・技師・三浦夏穂、平成26年3月11日)
平成24年度承認課題
  • MDS-UPDRS日本語版の多施設共同によるバリデーション
    (神経内科診療部・部長・前田哲也、平成24年6月22日)
  • 回復期脳卒中片麻痺患者における歩行の能力と実行状況の乖離の実態とそれに影響する因子の検討
    (機能訓練部・技師・栗林由佳、平成24年6月22日)
  • PET脳機能検査における被検者の体動補正の試み
    (放射線医学研究部・研究員・松原佳亮、平成24年7月2日)
  • ヒト粥状動脈硬化由来平滑筋様細胞の単離・培養・株化と形態学的研究
    (脳神経病理学研究部・研究員・龍福雅恵、平成24年8月10日)
  • 非弁膜症性心房細動患者における抗血栓療法の施行実態調査
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成24年8月23日)
  • シロスタゾール投与による穿通枝梗塞症例の急性期増悪抑制効果についての検討
    (脳卒中診療部・部長・中瀬泰然、平成24年8月23日)
  • 頸動脈ステント留置術後の再狭窄に対するシロスタゾールの効果に関する多施設共同無作為化比較試験
    (脳神経外科診療部・医師・師井淳太、平成24年10月11日)
  • 日本国内の脳神経血管内治療に関する登録研究3
    (脳神経外科診療部・医師・師井淳太、平成25年1月7日)
  • 回復期リハビリ病棟から在宅移行した脳血管障害患者の生活課題に対する看護支援の検討
    (看護部長・桜田則子、平成25年2月19日)
  • fMRIを用いた語彙処理と文処理に関する研究
    (放射線医学研究部・主任研究員・中村和浩、平成25年3月18日)
  • 術中ICG蛍光血管撮影と近赤外線モニタリングを併用した定量的脳血流評価の確立
    (脳神経外科学研究部・研究員・小林慎弥、平成25年3月28日)
  • 近赤外線分光法とインドシアニングリーンを用いた非侵襲的半定量的脳血流評価の確立
    (脳神経外科診療部・専攻医・田邉淳、平成25年3月28日)

ページの先頭へ