【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

研究部門について

当センターにおける研究活動と個人情報の保護について

当センターは脳卒中の診療と研究を二本柱として設立され、病院と研究機関という2つの側面を併せ持っております。研究機関としては脳卒中の予防、診断、治療に最新の研究成果を反映させ、県民に還元することを使命に、各種の臨床研究に取り組んでおります。その際、通常の診療で得られたデータを研究のために利用することがあります。

これに関しまして、当センターでは患者の皆様の安全を第一に尊重し、個人情報保護基本方針を定めるとともに秋田県個人情報保護条例や関係法令の趣旨に基づき、個人情報の適切な利用、管理に努めております。

さらに、臨床研究の実施に当たっては、以下の点に留意しております。

  • 文部科学省・厚生労働省「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」をはじめ、関係学会等で策定された指針・ガイドラインを遵守します。
  • 当センターを受診される皆様には、初診時に個人情報の取り扱いについてご説明し、医療の質の向上を目的とした症例研究などへの利用について同意をいただきます。
  • 個人情報の取り扱いについて特に注意を要する臨床研究を行う場合には、事前に当センター倫理委員会の審査を受け、患者の皆様の人権擁護上問題が生じることのないよう、細心の注意を払います。
  • 介入を伴わない後方視的研究を行う場合には、必ずしも個々の患者の皆様から同意書を取得できない場合がありますが、その都度このページの下欄で実施中の研究をお知らせするほか、指針・ガイドラインに沿った形で掲示を行い、個人情報相談窓口を設けるなどの適切な対応をします。
  • 研究成果を学会や論文などで発表する際や、他施設との共同研究を行う場合には、個人の特定につながる情報を連結して外部に持ち出すことや、公表することは一切ありません。
当センターで遂行している「介入を伴わない後方視的研究」について

以下の研究につきましては、個人を特定できない状態で情報を取り扱っているため、対象者の皆様の同意は指針上必要とはされていませんが、いつでもお申し出に応じて調査対象から外させていただくことができます。以下の研究対象となっているかもしれない方で研究参加を希望されない方は、当センターの個人情報相談窓口にお問い合わせください。

  • 一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構)への手術・治療情報登録における個人情報の取り扱いについて
    (脳神経外科)
  • 後ろ向き研究による椎骨脳底動脈解離に対する治療および転帰の調査
    (脳神経外科)
  • イコサペント酸(エパデール)投与による長期的脳梗塞二次予防効果の検討
    (脳卒中診療部)
  • 脳卒中患者の自宅退院後のADL低下に関する実態調査―退院1年後のFIMの分析から―
    (看護部)
  • 脳梗塞急性期患者のせん妄発症の誘因に関する検討
    (看護部)

お問い合わせ先

ご不明な点がありましたら、当センターの個人情報相談窓口にお問い合わせください。

  • 個人情報相談窓口:秋田県立脳血管研究センター1階医事課内
    電話018(833)0115

ページの先頭へ