【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

慢性疼痛

慢性疼痛とは

慢性疼痛は“急性疾患の通常の経過あるいは創傷の治癒に要する妥当な時間を超えて持続する痛み”と定義されています。

慢性疼痛の患者さんに当科では脊髄刺激療法を行っています。

脊髄刺激療法とは

 脊髄刺激療法とは、脊髄に微弱な電気を流すことにより、痛みをやわらげる治療です。痛みの感覚は、痛みの信号が神経から脊髄を通って脳に伝わってはじめて「痛い」と認識されます。脊髄に電気刺激を与えることで痛みの信号が脳に伝わりにくくなり、痛みがやわらぐと考えられています。(ただ、脊髄刺激療法は痛みを緩和するためのものであり、痛みの原因を取り除く治療ではありません)

脊髄刺激療法は、世界でおよそ25万人以上、日本では1982年に厚生労働省の承認を受けてから現在までに約6,000人以上の患者さんがこの治療を受けています。

SCS001.JPG

                                      

脊髄刺激療法の当院での流れ

症状や神経所見、画像所見で脊髄刺激療法の適応の有無を診断後、ドラッグチャレンジテストや心理検査を行います。適応があれば、手術に進みます。

手術は通常2回に分けて行われ、まず、リードのみを挿入する試験刺激(トライアル)で1週間くらい効果を確かめてから神経刺激装置を植込みます。本植込み後は、患者さんが自分の痛みに応じて刺激を患者用プログラマで調節し、痛みを調節します。  

SCS02.JPG

対象となる痛み

脊髄刺激療法が有効な痛みには、慢性疼痛の中でも神経の障害による痛み(神経障害性疼痛)と末梢血管障害による痛みがあげられます。

SCS03.JPG

脊髄刺激療法の効果

痛みが半分程度に改善すると言われています。痛みが少しでもやわらぐことによって、日常生活における活動の幅が広がり生活の質が豊かになるという効果が期待できます。

SCS04.JPG

ページの先頭へ

  • 脳ドッグ予約
  • 脳神経外科ビデオ指導
  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立脳血管研究センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立脳血管研究センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。【認定証区分】JC1946号 【審査体制区分】主機能:一般病院2 副機能:リハビリテーション病院 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定期間:2014年2月7日~2019年2月6日