【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

脊椎圧迫骨折

脊椎圧迫骨折とは

背骨のことを専門的には脊椎と言います。脊椎圧迫骨折は、脊椎が押し潰されるように変形してしまう骨折です。骨折の原因の多くは骨粗鬆症が進んで、脊椎が弱くなったため、少しの衝撃でつぶれてしまうのです。転倒・しりもち・くしゃみなどで起こります。骨折は、背骨の中でも胸と腰の境い目の部分におきることが多いです

BKP治療法とは

骨粗しょう症などによって起きた背骨の骨折(脊椎圧迫骨折)による背中の痛みを改善させる経皮的バルーン椎体形成術(バルーンカイフォプラスティ:BKP)が、2011年1月から保険適応となりました。骨折した脊椎(椎体:椎骨の前部を占める半円形の部分)の中で風船(バルーン)をふくらませることによって、椎体がつぶれている状態を整復してから、セメントを注入して固定する手術です。手術は全身麻酔で行い、約1時間で終了します。手術により背中の左右に5㎜ほどの小さな傷が2ヶ所つきますが、大きな傷は残りません。手術後の状態が問題なければ、翌日から歩行を開始し、3日~7日で退院となります。

治療による効果

 

この治療は圧迫骨折による痛みを改善し、また後弯変形(こうわんへんけい、猫背のこと)を改善して背骨をより正常な配列に近づけるため、次の効果が期待されます。
 

① 痛みによる日常生活動作困難、睡眠障害・うつ状態の改善

② 新たな脊椎圧迫骨折の予防

③ 腹部臓器の圧迫による食欲不振、逆流性食道炎の改善

④ 肺の圧迫による呼吸機能障害の改善

⑤ バランス感覚低下による転倒の予防

⑥ 寝たきりの予防や死亡率の改善

治療対象者

本治療の対象者は、手術以外の保存的療法(体を傷つけない治療法)によっても背中の痛みが改善されない方です。骨折した骨の数や形、全身状態によっては対象とならない患者さんもおられます。詳しくは担当医までご相談ください。

治療イメージ

 

AC044-img1.jpg

AC044-img2.jpg

AC044-img3.jpg

 

AC044-img4.png
赤い点が手術の跡

AC044-img5.jpg
治療時のレントゲン

 

 

 

ページの先頭へ