【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立脳血管研究センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

はじめての方へ

初診

正面入口右側の【総合案内】までお越しください。

紹介状や医療受給者証をお持ちの方は、受付時にお申し出ください。

初診の流れ

  1. 受付
    受付にて問診票等の書類をお渡し致しますので、それに記入をお願いします。 
  2. 処置室
    名前をお呼びしますので、処置室にお入り下さい。問診票等の確認、内服薬の確認、身長・体重・握力の測定を行います。
  3. 診察
    各診察室毎に名前をお呼びします。診察室の前室にて再び名前をお呼びするまでお待ち下さい。
  4. 会計
    診察・検査終了後、会計で番号札をお渡しします。会計番号票に番号が表示されたら自動精算機で会計を済ませ、診察券・領収書・明細書をお受け取り下さい。

  5. 院外処方箋FAXコーナーをご利用のうえ、最寄りの薬局でお薬を受け取ってください。なお、院内処方箋の場合は薬局の窓口に領収書を呈示してください。薬ができれば、名前をお呼びします。

診察後検査の指示が出た場合

検査の指示が出た場合には処置室の前でお待ち下さい。検査の準備ができ次第、処置室で名前をお呼びします。

一般検査の指示が出た場合

一般検査には、血液検査、検尿、心電図、眼底検査、X線撮影などが含まれます。検査の順序は処置室の看護師がご説明します。採血は採血室で行いますが、検尿、眼底検査、心電図およびX線撮影は各部署にて行います。検尿、眼底検査および心電図は1階の検査科で、X線撮影は2階の放射線科で行います。それぞれの受付に外来受付票をお出し下さい。検査終了後は手渡された外来受付票を処置室にお持ち下さい。

当日の心臓超音波検査の指示が出た場合

処置室の看護師が各検査部署までご案内します。検査終了後、会計伝票を処置室にお持ち下さい。検査の終了を確認します。

検査が予約となった場合

処置室の看護師が検査の予約箋をお渡しし、検査の内容や必要な準備についてご説明します。

入院が予約となった場合

処置室の看護師が入院に必要な事項をご説明するとともに入院案内のパンフレットをお渡しいたします。

緊急入院になった場合

処置室の看護師が入院の手続きを行います。入院前に必要な検査や食事については看護師がご説明します。

ページの先頭へ